2017年11月18日

楊貴妃も好んで食した棗

食欲の秋。読書の秋。スポーツの秋。

そして、イベントの秋ですね!

今年はお天気に恵まれないことが多かったですが、週末になるといろんなところでイベントが開催されていましたね。

Jugendo Daily Styleとして、寿元堂のお茶をイベントで販売するときに一緒に持って行っていたのが棗(なつめ)です。

皆さん棗を見ると、「昔おやつに食べていたから懐かしい」という方や、「棗?なにそれ?食べれるの?」って方までいろいろでした。

11/19(日)に倉敷芸文館で開催される「パピママ祭り」にも持って行きます(*^_^*)

そんな棗について、今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(29/11/18号)

32995541ec02b4fa21b4adbfe86cc73b_s.jpg

漢方薬の原料である生薬(しょうやく)には、植物・動物・鉱物などが用いられます。

植物由来のものが圧倒的に多く、葉・茎・根など薬用部位はそれぞれで、果実を用いるものもあります。その中から今回は、棗(なつめ)を紹介します。

棗はクロウメモドキ科ナツメ属の落葉広葉樹になる果実。初夏に芽が出ることが名前の由来だそうです。

日本では昔から庭園樹などに使われることが多かったようですが、最近では見掛けることが少なくなりました。

一方、中国では楊貴妃が好んで食べたとされ、「一日食三棗 終生不顕老」(1日3粒の棗を食べれば老いない)という言葉も残っているほど。

棗は生のままでも食べることができ、リンゴのような食感でほんのり甘くおいしい果実です。

棗の生薬名は大棗(たいそう)といいます。

胃腸の元気をつけたり、精神を落ち着ける働きがあるとされる以外に、他の生薬の刺激性を緩和させる矯味としても実に多くの漢方薬に含まれます。

棗を含む漢方薬には、虚弱で貧血傾向で、胃腸が弱い人に適することが多い六君子湯(りっくんしとう)、悲しみが強い人や赤ちゃんの夜泣きに使われることが多い甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)などがあります。 

漢方薬の効果の方向性は、構成生薬の1つだけでは判断することができません。

その漢方薬全体をみることが大切です。

漢方薬を試す際には専門家に相談しましょう。

(北山 恵理)

posted by なつめ at 14:01| リビング新聞−よもやま話−

2017年11月07日

山茱萸の季節です♪

山茱萸の季節がやってきました!

気にかけてみれば山茱萸の木は意外と近くにあるものです。

春にこんな花をつけている木、見た覚えはありませんか?

59f91021720d82ad85974453669ae341_m.jpg

去年、大阪の濱口さんにいただいた山茱萸ですっかりその美味しさにはまってしまった私。

今年こそ濱口さんと一緒に山茱萸を採りに行こう!と予定していたのですが、なんと台風22号とかぶってしまうという・・・(;д;)

その前の週の台風21号で不安になってしまった私は断念・・・。

濱口さん、大変申し訳ありませんでした。

しかしそんなチキンな私のために、今年も濱口さんが山茱萸を持ってきてくださいました(;ω;)

何度見ても真っ赤なグミのように可愛い実♡

IMG_0335.jpg

生薬になるとシワシワです・・・。

IMG_0339(1).JPG

濱口さんのご厚意に甘えきった今年は、かなり贅沢に漬け込みました!

IMG_0338(1).JPG

保存ビンがかなり大きいものなので少量に見えますが、実際はかなり多いです。

いただいた山茱萸も1.5kg近く・・・( ̄□ ̄;)!!

そして今回は師匠にも素敵なお土産が。

IMG_2689.JPG

神農さんが描かれているお湯呑みです。

角が生えている神農さんは中国の伝説上の人物とされており、百草を自ら嘗(な)めて薬草を見分けることで医薬の道を開いたと伝えられています。

もともと着物の絵付をされていた先生が染付をされたんだそうで、なんとも繊細で味のある染付です。

神農さんの周りには霊芝、細辛、人参があしらわれ、

IMG_2690.JPG

お湯呑の中を覗けば薬研(やげん)が。

IMG_2688.JPG

裏を見れば「寿元堂」の文字まで!

IMG_2687.JPG

えらく感激した師匠は薬局に飾るか、家に飾るか、お酒を飲む時に使うか(煎じ薬やお茶を飲む時に使うと言わないところが師匠らしい・・・)大変迷っておりました。

さんざん悩んだ結果、せっかくなので飾るだけではもったいないと嬉しそうに使っています。

濱口さんには今回もスッポンを捌いた(っっっ(; ゚ ロ゚)!!!)際のお話や、漢方の話を楽しく聞かせていただきました。

なんでも山口に用事があるらしく、その間1日余裕があるとわかると佐賀までひとっとびして山口県まで戻られるそうです。

本当はどこでもドアでも持っているんじゃないかという行動範囲。

いつも本当に有難うございます。

優しく経験豊富な漢方の先輩と巡り会えた私は恵まれていると思います。

ありがたや〜(*^_^*)
posted by なつめ at 19:08| 日記

2017年11月04日

漢方でホルモンの乱れを整えたい

久しぶりに良いお天気!!

やっぱりお日様が出るとあたたかくて気持ちいいですね(*^_^*)

昨日は暑かったという声もちらほら・・・。

この3連休、岡山でも色々なイベントが開催されています。

Jugendo Daily Styleのお茶も岡山表町商店街で開催されている、中四国最大級の商業祭「大誓文払い」の中に参加しています♪

そして、今回は大誓文払いに「ストライプマルシェ」も入って賑わいが増していますよ〜!

皆さん、連休を思う存分楽しんでくださいね♪

土曜日お仕事の人は一緒に頑張りましょう!!(*^_^*)

さて、今月のリビング新聞の漢方Q&A(29/11/4号)の更新です。

はかせA.jpg

Q.漢方でホルモンの乱れを整えたい

 毎月、生理の前にイライラを強く感じ、頭痛があります。病院では月経前症候群と診断され、女性ホルモンのバランスが乱れていることが原因だと言われました。乱れを整えるのに適した漢方薬はあるでしょうか。(36歳、女性)

A.「未病を治す」漢方の貴重な効果も期待大

 月経前症候群は、排卵後の女性ホルモンの乱れが影響して、頭痛、頭重、イライラ、腹痛、眠気などさまざまな症状が出るものです。

 女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあり、両者の微妙なバランスが崩れると体調が乱れるのです。

 女性ホルモンのバランスの乱れは、月経前症候群、月経不順、無月経、月経痛、更年期障害のほか、子宮や卵巣の病気にもなりやすく、子宮がんや乳がんにも関係しているとされています。

 西洋医学ではホルモン補充療法で対応することがあります。しかし、漢方の効果も見逃すことはできません。

 女性ホルモンのバランスの乱れを漢方では瘀血(おけつ)の一種と考えます。当帰(とうき)、川芎(せんきゅう)、牡丹皮(ぼたんぴ)、桃仁(とうにん)など、駆瘀血(くおけつ)作用(瘀血をなくす作用)のある生薬(しょうやく)を中心に絶妙に組み合わされた漢方薬の中から、一人一人の体質と症状など全身状態に適したものを続けて飲むと良いのです。穏やかにホルモンバランスが整って、不快な症状がなくなっていきます。

 さらに、体調が改善された状態が続くと、「未病を治す」という漢方の効果も期待できます。これは現在では予防医学の考え方です。高齢社会の日本では、貴重な効果といえるでしょう。

 寿元堂薬局の経験でも、女性の病気には漢方が効果を表すことが多いものです。あなたも一度漢方を試してみるとよいでしょう。女性によく利用される代表的な漢方薬を幾つか紹介します。

◆当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 
 中国で2000年前に創られた薬です。元は妊婦の強い腹痛をはじめ、婦人のさまざまな腹痛を治すために使われました。長い時代の経験を重ねて、今では、冷え症で貧血の傾向があり、疲労しやすい女性の病気に広く使われています。

◆加味逍遙散(かみしょうようさん)  加味逍遙散(かみしょうようさん)
 中国の明の時代に創られた薬です。婦人の神経症状を伴なうさまざまな病気に応用され、疲れやすく、頭重、目まい、不眠、イライラ、のぼせなどのある人に使われます。

 
◆桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)  
 これも紀元前後から使われてきた薬です。元は、おなかの中に塊のできる病気がある婦人の妊娠の異常に使われましたが、今では、比較的体力があり、肩凝り、頭重、目まい、のぼせなどのある女性の病気に広く使われます。

 このほかにも、女性の病気に使われる漢方薬はたくさんあります。専門家にご相談ください。

(北山進三)
posted by なつめ at 13:34| リビング新聞−漢方Q&A−