2022年05月28日

喘息や寒暖差アレルギーの漢方

あちてらす倉敷への移転から10ヶ月が経とうとしています。

少しずつ落ち着きを取り戻している寿元堂薬局です。

「寒暖差が激しく体調を崩しやすい季節ですので、ご自愛くださいね」

今年に入って何度この言葉を口にしたでしょう。

1月にも春のように暖かい日がありました。
なかなか暖かくならないと思っていれば、夏日のような日があり、そうかと思えばまた冷え込む・・・。
しんどくない人はいらっしゃるのかしら、という日々が続いております。

特に気管支が弱い人は、このような季節が長引いて辛いことと思います。

少し前の記事になりますが、喘息や寒暖差アレルギーなどの寒暖差によって悪化しやすい症状に用いられる漢方薬について書きましたのでご紹介します。

“さりお”(2022/3/4号)の記事です。

ブログ 【さりお ここが知りたい】用.jpg

 今年はぐっと冷え込む日が多く、1月は珍しく倉敷でも何日か雪が降っていました。一方で、昼間は暖かい日もあり、寒暖差がこたえる症状で悩んでいる人には辛い時季かもしれません。
 寒暖差が悪い影響をあたえやすいものの一つに、気管支の症状があります。気管支喘息(ぜんそく)、咳(せき)喘息などは代表的なものですが、最近では寒暖差アレルギーによる症状も増えてきているようです。
 続きはこちらの★をクリック→★★★★★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 漢方専門 寿元堂薬局
  岡山県倉敷市阿知3丁目9−1
  あちてらす倉敷 北館1F
  TEL:086-422-3518
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【さりお ー ここが知りたい漢方 ーの最新記事】
posted by なつめ at 00:00| さりお ー ここが知りたい漢方 ー

2021年01月06日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!

コロナ禍での今年のお正月はどのように過ごされましたか?

寿元堂薬局は本日より、通常通り営業しております。

今年は倉敷駅前の都市開発ビルが完成し、薬局も再度移転を予定しておりますので、昨年以上に変化の1年となりそうです。

本年も寿元堂薬局をどうぞよろしくお願い申し上げます。

2334190.jpg


posted by なつめ at 00:00| 寿元堂薬局

2020年11月05日

健康維持に役立つ高麗人参は万能薬?

一気に夏から秋(冬)へ。

最近は急激な気候の変化で体調を崩される方が大変多いです。

皆さん、「自分は大丈夫」と思わず早め早めに休んで養生してくださいね。

今回の連載記事は、生薬の中でも有名な高麗人参について書いてみました。

変な気候やコロナや健康を脅かすものが多いせいか、お問い合わせも増えたように思います。

“さりお”(2019/9/4号)の記事です。

漢方薬の剤型(煎薬、顆粒剤、錠剤)A.jpg

日本では徳川吉宗の時代に世界初の栽培に成功

 高麗人参(こうらいにんじん)は、朝鮮人参とも御種(おたね)人参とも呼ばれ、古くから健康維持に役立つ薬草として珍重されてきました。
 世界最古の薬草書である中国の「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」にも、高麗人参の薬効が記載されています。また、中国の始皇帝をはじめ、フランスの思想家ルソーなどの歴史上のさまざまな著名人が常用していたことでも有名です。
 日本に残る高麗人参の古い記録では、天平11年(739年)に渤海(ぼっかい)の文王(ぶんおう)
が高麗人参30斤(1斤=600g)を聖武天皇に贈ったという記述が残っています。

 続きはこちらの★をクリック→★★★★★

posted by なつめ at 15:00| さりお ー ここが知りたい漢方 ー