2017年08月31日

漢方薬って即効性がないの?

「漢方薬に興味があって・・・」「前から気になっていたのだけど入る勇気がなくて・・・」「ネットを見て・・・」

お客様が寿元堂薬局に来られるきっかけは本当に様々です。

ただ、寿元堂薬局に来られる方のほとんどが口にする言葉があります。

「漢方薬って即効性がないんでしょう?」

・・・っっ( ̄□ ̄;)!!

実は即効性がないわけじゃないですよ!

確かに、漢方薬の即効性を感じない方もいます。

しかし、漢方薬の即効性を感じる方もいます。

現に私自身、今年の4月に花粉症で滝のように流れていた鼻水が煎じ薬を飲んだ10分後には症状がピタっととまる漢方薬の即効性に改めて驚いた経験をしたばかり。

理屈じゃない漢方の世界で自分自身で漢方薬の効果を経験すると、何年経ってもなんとも言えない感動があります。

話が脱線しましたが、薬の即効性に関しては、効果をどのように定義するかによって話が大きく変わってきますので、お客様とお話していてズレを感じることが多いものの1つです。

0d1baa9060b26c256e954bc00fc32398_s.jpg

薬の効果には一時的に症状を治める効果と、症状が表面化しないよう体を整える効果の2種類があると思ってください。

まず、一時的に症状を治める効果というのは西洋医学の薬の得意とするところですね!

高血圧で降圧剤を飲んだ時、一時的に血圧が下がります。

多くの方が「薬が効いた」と言えば、このような西洋薬の効き方を想像するでしょう。

ですが、この一時的に症状を抑える効果は、漢方薬も意外にあるものなんですよ。

西洋薬と比較すると、個人差もありますし、1服で変わる人の確率は低いと思いますが、1週間程度で何らかの変化がある方は少なくありません。

1週間程度の期間では即効性があるとは言えないと言われればぐぅの音も出ませんが、色々試してダメだった人が1週間程度で何らかの変化があることは結構早いのではないでしょうか。

それこそ、5年10年色んな病院で手を尽くして何ともならない方が、2〜3ヶ月で何らかの良い変化があるのは大変な即効性だと個人的には思っています。

ただ、薬を飲んで一時的に症状を抑えている間に不都合な症状が出なくなってしまえばよいのですが、そうでない時も多いでしょう。

そんな時に必要なのは、漢方薬のもつ「症状が表面化しないよう体を整える効果」なのです。

ですが、今は西洋医学の治療でも治りにくい状態の人が漢方薬を利用することが多いので、この効果が安定して得られるようになるまでの時間を要する方がほとんどです。

漢方薬の服用が良いきっかけになって短期間の服用後に全く症状が出なくなったという方もいますが、割合としては少ないです。

2割もいないんじゃないでしょうか。

漢方薬を3年飲み続けてすっかり薬が必要のない体になった時、この「3年」を長く感じるのかどうか。

「漢方薬を3年飲んだ」というだけで「漢方薬はすぐに効かない」というイメージが強すぎて、「漢方薬だから即効性がない」「漢方薬だから長く飲まないと効かない」となってしまう。

でも、西洋医学に置き換えてみると・・・.

西洋薬を3年飲み続けて症状が現状維持。西洋薬をやめると不調が出てくる。

このような場合、「西洋医学でも長くかかる病気なんだな」と思う方はいても、おそらく「西洋薬は即効性がない」という結論に至る方は限りなくゼロに近いのではないでしょうか?

何年も慢性的な症状で悩んでいる状態を、数日〜数週間で改善する傾向を探るということはかなり大変なことなのです。

「すぐに良くなりたい」という気持ちは十分にわかりますし、前向きな気持ちも大切です。

しかし、その気持ちが強過ぎても焦りを生んで悪循環に陥ってしまいます。

西洋薬でも漢方薬でも、効果の表れ方や、効果が表れるまでの期間を決めつけず、焦らず上手く利用しましょう。
posted by なつめ at 18:00| 漢方

2017年08月26日

夏の疲労に試したい牛黄とは

前回のテーマ、セミの脱け殻が生薬だということに驚く方も多いですが、牛の胆石が生薬だということも驚かれる方は多いです。

とっても貴重なもので、品質の良いものになるとさらに希少なものになってしまいますが、品質の良い牛黄は元気をつけるにはもってこいの優れもの。

そんな牛黄をテーマに今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(29/8/26号)

462628.jpg

夏の暑さの影響や日々のストレスの蓄積もあり、この時期は慢性的な疲労で体の不調を訴える人が多くいます。

漢方では、体調を崩している人や元々疲れやすい人のことを虚証(きょしょう)や虚の状態と表し、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)や十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)などさまざまな漢方薬で虚を補います。

中でも牛黄(ごおう)は、肉体疲労に対しての即効性、飲み続けることで慢性的な疲労や虚弱体質の改善が期待できる漢方薬です。

牛黄は、牛2000〜3000頭に1頭しかできないといわれる胆石を乾燥した希少なもの。

オーストラリア、ニュージーランド、北米、南米などで多く摂れ、日本では大半を輸入しています。

直径1〜4pの球形または不定形で、破砕面には赤褐色から黄褐色の層紋があり、通常は粉末にしたものを飲みます。

牛黄にはビリルビン系色素、胆汁酸、コレステロール、アミノ酸類などの成分が含まれ、強心、鎮静、鎮痙(ちんけい)、造血、解熱、解毒などの作用があります。

体をよく補い丈夫にするほか、肝臓と心臓の機能増強を目的として頻用されます。

他の生薬(しょうやく)と配合されることが多く、心臓の薬など古くから伝わる日本の家伝薬にも牛黄が含まれるものが多く残っています。

疲れがなかなか取れないときなど、一度専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

(北山 良和)

posted by なつめ at 16:00| リビング新聞−よもやま話−

2017年08月12日

セミの抜け殻も生薬の一つ!

7月にイオン倉敷さんで開催されたワークショップ遊園地
でも話題となったセミの脱け殻。

毎日セミの鳴き声を聞く度に皆さんの反応を思い出してしまいます(笑)

今週のリビング新聞 漢方よもやま話はセミの脱け殻についてです(29/8/12号)

151277.jpg

夏を知らせてくれるセミの鳴き声が日に日に大きくなっています。

先日、イオンモール倉敷で小学生を対象に、自由研究をテーマにしたワークショップを開催し、漢方薬の原料である生薬(しょうやく)の図鑑を作成してもらいました。

セミが鳴きはじめた時季なのでセミの抜け殻も持参したのですが、それを見て子どもも、同席していた親御さんも大変驚かれていました。

セミの抜け殻も漢方薬に使われる生薬の一つで、生薬名は「蟬退(せんたい)」といいます。

蟬退はかゆみを抑える作用があり、じゅくじゅくし、強いかゆみが絶えないような症状によく用いられる消風散(しょうふうさん)などの漢方薬の中に含まれます。

「外科正宗(げかせいそう)」という古い中国の医学書に載る処方で、「風湿、血脈に浸淫(しんいん=徐々に進行)し、瘡疥(そうかい=できもの)を生ずることを致し、瘙痒(そうよう=かゆみ)絶えざるを治す」とあります。

風湿とは自然界に存在する風や湿気などの性質を持つもので、それらが体に害を及ぼす状態になったものを「邪」といいます。邪となった風湿が血脈に染み込んで皮膚にかゆみを引き起こす、と昔の人は考えたのです。

このように、古典から漢方薬の使い方を読み解くことが少なくありません。

同じかゆみの症状でも、患部の様子や体質によって選ぶ薬が変わります。

専門家に相談してうまく利用しましょう。

(北山 恵理)
posted by なつめ at 12:00| リビング新聞−よもやま話−