2018年02月24日

日本産生薬、例えば“当帰”

「当帰(とうき)」という生薬は、品質のよいものほど甘く美味しいんです。

補充をする際など、ついつい味見をしてしまうことも。

品質を知るためですから、師匠には怒られないはず…。
(師匠がみていませんように…。)

さて、そんな当帰について今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(30/2/24号)

3d346009e645a3040a8e3be7b3e9bc90_s.jpg

近年、自治体やメーカーによって日本産の生薬(しょうやく)の安定供給を目指す動きがあります。

甘草(かんぞう)や柴胡(さいこ)、川芎(せんきゅう)、山椒(さんしょう)などがありますが、ここでは当帰(とうき)を紹介しましょう。

当帰はセリ科の多年草です。

その根を湯通しして乾燥させたものを生薬として利用します。

婦人科の症状によく利用される当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や温経湯(うんけいとう)などに含まれています。

昔から奈良県吉野地方で栽培されている「大和当帰(別名・大深当帰)」と、昭和になって北海道で栽培された「北海当帰」の2種類があります。

栽培しやすく収穫量が多いため一般に流通しているのは茎の青い北海当帰ですが、茎が赤紫の大和当帰の方が品質は良いとされ、味は甘みが強く、苦みは弱いのです。

交配しやすいため、上手に栽培しないといつの間にか交配種が成長してしまうこともあるようです。

さらに、似たような風土の別な地域で同種のものを栽培したとしても、同じ品質のものができるとは限りません。

実際に収穫しないと品質や生薬として利用できるか判断ができないという点も国内での栽培の難しさの一つでしょう。

顆粒(かりゅう)剤など手軽に漢方薬を飲めるようになりましたが、いざというときは良質の生薬を利用した煎じ薬で本来の漢方薬の効果を試していただきたいものです。

(北山 良和)

posted by なつめ at 17:10| リビング新聞−よもやま話−

2018年02月17日

生薬の組み合わせは無限

最近はお昼間は暖かい日が増えてきましたが、今年は雪がちらつく日が例年より多かったですよね。

年明けてから「寒いっっ!」ばっかり言っていた気がします。

今日2月17日は「天使の囁きの日」なんだそうです。

1978(昭和53)年、幌加内町母子里で氷点下41.2℃(っっ( ̄□ ̄;)!!)という最低気温が記録されたんだそうで、毎年この日に「天使の囁きを聴く集い」を開催しているんだとか。

天使の囁きとは、空気中の水蒸気が凍ってできるダイヤモンドダストのこと。

寒くても、キラキラ綺麗な天使の囁きを目にすることがあるならば、一瞬寒さを忘れてしまいそうな気がします。

ほんとに一瞬だけ。

さて、今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(30/2/17号)

b1fbe27cd47bf9bb11d92b6b10b5a26b_s.jpg

立春を過ぎても厳しい寒さが続いていますが、これからの時季、お肌の乾燥が気になるという人も多いのでは?

潤いを補うさまざまな漢方薬の基本となる薬の一つに四物湯(しもつとう)があります。

四物湯は当帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)、川芎(せんきゅう)、地黄(じおう)の4種類の生薬(しょうやく)で構成され、当帰、地黄は造血・鎮静・滋潤などの効果があり、芍薬、川芎は血のめぐりをよくし、余分な熱を冷ますものとされています。

貧血傾向で皮膚が乾燥し、色艶のよくない人の諸症状に用いる薬です。

四物湯が基になる処方をいくつか紹介します。

四物湯が適する人で、気力がない虚弱な人に用いる漢方薬には、四物湯と気力を補う四君子湯(しくんしとう)を合わせた八物湯(はちもつとう)があります。

さらに虚弱な人には、黄耆(おうぎ)、桂枝(けいし)を加えた十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)がよいでしょう。

また、アトピー性皮膚炎や慢性じんましんなどで肌に熱感があり乾燥している人には、肌を潤す四物湯と、熱を冷ます効能のある黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を組み合わせた温清飲(うんせいいん)を用いる場合があります。

このように、漢方薬は1つの処方からいろいろな処方が生まれます。生薬の組み合わせは無限にあり、今後も新しい処方が生まれるかもしれません。

(北山 恵理)

posted by なつめ at 17:00| リビング新聞−よもやま話−

2018年02月10日

嬉しいお言葉

昨日は妊活カウンセラーの千原亜希さんが、カウンセリングを受ける方と一緒に寿元堂薬局に来局されました。

以前から、時々倉敷にお住まいの方や漢方に興味がある方などは寿元堂薬局でカウンセリングをされています。

別室でカウンセリングをされた後、その方から嬉しいお言葉をいただきました。

「こんなに専門的な薬局が倉敷にあることを、もっと早く知りたかった」

「漢方」という看板を掲げることは簡単ですが、生薬を直接見ることのできる病院や薬局はそうそうないのだとか…。

薬局内の生薬(実際に煎じ薬で使用するもの)をご覧になって驚かれていました。

病院などでもらう漢方薬は粉や錠剤のようなエキス製剤(エキス製剤の説明についてはこちら→★★★)が大半ですし、皆さん、お忙しい方が多いので以前と比較すると手軽なエキス製剤をお渡しする機会が増えたように思います。

ですが、寿元堂薬局の主流の漢方薬のかたちは煎じ薬です。

エキス製剤で対応できる方だと問題ありませんが、煎じ薬が必要な場合はまだまだ多いです。

また、

「あれやこれや勧められないのがよいですね」

とも。

漢方薬局って色々なものをどんどん売りつけられるイメージがあるみたいです…(・ω・`)

もちろん寿元堂薬局もその方にとって必要なものであれば助言はさせていただきます。

煎じ薬の効果が必要な場合は、手軽なエキス製剤でなく煎じ薬をお勧めします。

ですが、不必要なものはお勧めしません。

私だって、どうせお金をかけるなら必要なものにかけたいですから。

また、

「こんなに話を聞いてもらえるとは思わなかった」

というお声もよくあります。

漢方薬は病名だけでは選べません。

色々なお話をお伺いして、漢方薬を選ぶ糸口を見つけないとお薬が選べないんです。

でも以前、国が指定する難病で悩まれているお客様に少しでも合うお薬を選びたくて質問をしていたら、「こんなに質問攻めにされるなんて」とお叱りを受けたこともあります…ごめんなさい (´;ω;`)

それぞれの病院・薬局で考え方、やり方は異なりますが、結局のところ餅は餅屋。

西洋医学は西洋医学のプロにお任せして、師匠は漢方の専門性を追究するために頑張ってきました。

その魂は雛鳥の刷り込みのように、弟子にもしっかりすり込まれています(笑)

いくつかの嬉しいお言葉をいただき、これからも日本の伝統医学である漢方を絶やさぬよう頑張っていきたいと改めて感じた1日でした。

最後に亜希さん手作りの可愛いアロマバスボムをいただきました。

image1.jpeg

♡のかたちでバレンタイン仕様ですね〜

2/13(火)にバレンタインレッスンもあるみたいです→★★★

亜希さん、ありがとうございました(´∪`*人)♡

posted by なつめ at 21:02| 寿元堂薬局