2018年02月10日

嬉しいお言葉

昨日は妊活カウンセラーの千原亜希さんが、カウンセリングを受ける方と一緒に寿元堂薬局に来局されました。

以前から、時々倉敷にお住まいの方や漢方に興味がある方などは寿元堂薬局でカウンセリングをされています。

別室でカウンセリングをされた後、その方から嬉しいお言葉をいただきました。

「こんなに専門的な薬局が倉敷にあることを、もっと早く知りたかった」

「漢方」という看板を掲げることは簡単ですが、生薬を直接見ることのできる病院や薬局はそうそうないのだとか…。

薬局内の生薬(実際に煎じ薬で使用するもの)をご覧になって驚かれていました。

病院などでもらう漢方薬は粉や錠剤のようなエキス製剤(エキス製剤の説明についてはこちら→★★★)が大半ですし、皆さん、お忙しい方が多いので以前と比較すると手軽なエキス製剤をお渡しする機会が増えたように思います。

ですが、寿元堂薬局の主流の漢方薬のかたちは煎じ薬です。

エキス製剤で対応できる方だと問題ありませんが、煎じ薬が必要な場合はまだまだ多いです。

また、

「あれやこれや勧められないのがよいですね」

とも。

漢方薬局って色々なものをどんどん売りつけられるイメージがあるみたいです…(・ω・`)

もちろん寿元堂薬局もその方にとって必要なものであれば助言はさせていただきます。

煎じ薬の効果が必要な場合は、手軽なエキス製剤でなく煎じ薬をお勧めします。

ですが、不必要なものはお勧めしません。

私だって、どうせお金をかけるなら必要なものにかけたいですから。

また、

「こんなに話を聞いてもらえるとは思わなかった」

というお声もよくあります。

漢方薬は病名だけでは選べません。

色々なお話をお伺いして、漢方薬を選ぶ糸口を見つけないとお薬が選べないんです。

でも以前、国が指定する難病で悩まれているお客様に少しでも合うお薬を選びたくて質問をしていたら、「こんなに質問攻めにされるなんて」とお叱りを受けたこともあります…ごめんなさい (´;ω;`)

それぞれの病院・薬局で考え方、やり方は異なりますが、結局のところ餅は餅屋。

西洋医学は西洋医学のプロにお任せして、師匠は漢方の専門性を追究するために頑張ってきました。

その魂は雛鳥の刷り込みのように、弟子にもしっかりすり込まれています(笑)

いくつかの嬉しいお言葉をいただき、これからも日本の伝統医学である漢方を絶やさぬよう頑張っていきたいと改めて感じた1日でした。

最後に亜希さん手作りの可愛いアロマバスボムをいただきました。

image1.jpeg

♡のかたちでバレンタイン仕様ですね〜

2/13(火)にバレンタインレッスンもあるみたいです→★★★

亜希さん、ありがとうございました(´∪`*人)♡

posted by なつめ at 21:02| 寿元堂薬局