2018年11月24日

梅核気に半夏厚朴湯

今回は「梅核気(ばいかくき)」がテーマですが、私も知らず知らずのうちに梅核気の状態になっていたことがあります。

梅核気の症状に用いる煎じ薬を味見してみたところ、いつもの喉の調子と違う・・・なんだかスッキリした・・・なんだこれは?

と思って、師匠にお伺い。

まぁ、「梅核気」だろうとのこと。

梅核気に限らず、不調に慣れてしまってその状態が当たり前になると、不調がとれて初めて自分にそんなものがあったと気づく。

意外に多いんですよ。

さて、今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(30/11/24号)

209958.jpg

紅葉が見頃を迎え、すっかり冬支度をする季節になりました。

中には風邪をひいて、のどに痛みや違和感を感じる人も多いでしょう。

しかし、病気がなくても、ストレスなどの精神的負担によって、のどに違和感を感じる人もいます。

漢方では、そのような状態のことを「梅核気(ばいかくき)」といいます。

実際には何も引っ掛かっていないのに、まるで梅の種がのどにつかえているような状態をいい、あぶった肉がのどに張り付いているようだ、という意味から古典では「咽中炙臠(いんちゅうしゃれん)」と表現されることも。

また、西洋医学の言葉では「ヒステリー球」「咽喉頭異常感症」などと呼ばれます。

梅核気の症状に昔からよく使われてきたのが、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)です。

「金匱要略(きんきようりゃく)」という古い医学書に載る薬で「婦人が咽(のど)の中に炙(あぶ)った肉が引っかかったように感じる場合は半夏厚朴湯が良い」と記されています。 

半夏厚朴湯は、主薬の半夏(はんげ)と厚朴(こうぼく)を中心に、茯苓(ぶくりょう)、蘇葉(そよう)、生姜(しょうきょう)で構成しています。

半夏、茯苓は心中、胃内の停水を去り、厚朴、紫蘇は気の滞りを改善すると考えられています。

梅核気には半夏厚朴湯以外にも、体質や症状に応じていろいろな処方が使われます。

専門家によく相談して上手に漢方薬を利用しましょう。

(北山 恵理)

posted by なつめ at 00:00| リビング新聞−よもやま話−

2018年10月27日

冷えも影響する膀胱炎

膀胱炎は珍しくない病気ですが、実際になってみるとやっかいな病気です。

私は以前、冷え症でした。(詳しくはこちら→★★★

冷え症が辛かった時期は少し疲れたりすると膀胱炎を繰り返していましたが、現在は冷えもかなり改善し、膀胱炎は漢方薬を飲みはじめて数年の間、1度もなっていません。

膀胱炎になりやすい体質といって諦めている人の中にも、冷えを改善すれば良い方向にむかう人も意外と多いかもしれませんね。

今週は「冷えも影響する膀胱炎」について、リビング新聞の漢方よもやま話の更新です(30/10/27号)

1173174.jpg

朝晩が冷え込むようになり、昼と夜で気温が10℃以上の差になることも珍しくありません。 
 
こんな時季に注意したいのが膀胱炎(ぼうこうえん)です。

女性に多い病気で、男性と比較して尿道が短いことが理由だといわれています。

主な症状は排尿痛と頻尿で、尿に血が混ざることもあります。

大腸菌やブドウ球菌などの細菌感染が原因で、抗生物質を使用し、水分を多く補給することで早く症状が治まります。

膀胱炎などの泌尿器の炎症によく用いられる漢方薬に猪苓湯(ちょれいとう)があります。

尿道の炎症を抑えて利尿を円滑にする薬で、排尿痛や尿利の減少、口の渇きを目標に用いられます。

猪苓湯は、膀胱炎に限らず、泌尿器疾患に広く応用される代表的な漢方薬です。

膀胱炎には漢方薬も効きますが、今は多くの人が抗生物質に頼っています。

ほとんどの場合、抗生物質を服用すればよくなりますが、抗生物質を長期間服用したため耐性菌が出現し、効果が出なくなってしまう人も。

漢方では膀胱炎は冷えも影響していると考えます。

再発を繰り返す、抗生物質の効果がない、膀胱炎で長く悩んでいるという人は、漢方薬で冷えを改善しながら様子をみてもよいでしょう。

膀胱炎を繰り返さない体にしていくためには、生活習慣や食生活なども見直し、上手に漢方薬を利用して体を整えていきましょう。

(北山 恵理)

posted by なつめ at 15:30| リビング新聞−よもやま話−

2018年09月29日

体質を虚証と実証で分類

体力のある元気はつらつな実証の人。

体力がなく疲れやすい虚証の人。

上記の2つのイメージしやすいですが、お相撲さんのように体力も元気もある人でも弱っているときは虚証の傾向で考えなければいけないこともあり、判断するのはなかなか難しいものです。

さて、今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(30/9/29号)

名称未設定-1のコピー.jpg

漢方薬は病名ではなく、体質や症状を目標に薬を選びます。

漢方では、人の体質は虚証と実証に分類され、虚証の人は元気や体力が足りておらず、病気に対する抵抗力が弱く、だらだらと不調が続く場合が多いとされています。

また、実証の人は元気や体力が充実しており、病気に対する抵抗力が強いため、激しい症状が出やすい傾向にあると考えられています。

原則的に、虚証の人には足りないものを補う補剤(ほざい)を、実証の人には余っているものを取り除く瀉剤(しゃざい)を選び、症状を治めていきます。

有名な補中益気湯(ほちゅうえっきとう)という漢方薬は、名前にもあるように中(体の中、主に胃)を補い、気を益する補剤です。

胃腸を整え、元気を付ける補中益気湯は、補剤の王様として医王湯(いおうとう)という別名もあるほど。

胃腸が丈夫でなく、疲れやすい人によく用いられる薬です。

漢方薬は適切に用いれば、特殊なアレルギーなどを除いて悪い副作用の心配はほとんどありません。

本来の目的とは異なる症状が改善するといううれしい副作用も多いものです。

しかし、虚実を見誤る誤治(ごち=誤った漢方薬の使い方)により生じた不都合な症状が、漢方薬の副作用とされることも多く残念なことです。

漢方薬は体質や症状を専門家に相談しながら上手に利用しましょう。

(北山 恵理)

posted by なつめ at 16:00| リビング新聞−よもやま話−