2019年03月30日

良質な睡眠、とれていますか

岡山の桜の見頃はもう少し先でしょうか?

お花見シーズンのこの季節、体が乱れている方が多いです。

というか、今年に入って乱れている方が多いです(;ω;)

春眠暁を覚えず、というように眠くて仕方がない方もいらっしゃいますし、環境に変化がある方などは気が落ち着かず今まで通りに寝ているのに熟睡感を得られないという方もいらっしゃいます。

体に不満のない方は、快食・快便・快眠ができている状態とよく言われますが、そのうち快眠は肉体・精神を回復させるために必要不可欠なもの。

今週は睡眠についてリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(30/3/30号)

1350320.jpg

節目を迎えたり、新生活が始まったりするこの時期は、慌ただしい生活を送られている人も多いでしょう。

そんな気ぜわしい時には、これまで通りに睡眠をとっても熟睡感を得られなかったり、寝付きが悪くなったりすることが少なくありません。

さて、漢方では不眠≠フことを不寐(ふび)≠ニもいいます。

漢方薬を選ぶ際は、不眠の症状以外にも全身の状態を観察し、それに応じた適切な薬を用いることで、自然に眠れるように導きます。漢方薬はその人の体の状態を整えてくれるのです。

ですから、漢方医学には、誰が飲んでも強制的に眠気を誘うような西洋医学の睡眠薬に該当するものはありません。 

睡眠が必要な人には眠りを促すよう働き、また、質の良い睡眠を得られるよう働くため、睡眠をとり過ぎている人は、場合によっては熟睡感はあるけれど睡眠時間が短くなることも考えられます。

十分な睡眠がとれているにもかかわらず日中強い眠気に襲われる過眠症の人に用いる薬と、眠りたいけれど眠れない睡眠障害の人に用いる薬が同じこともあるのです。

漢方薬は本当に不思議なものです。

睡眠以外のどんな病気でも、診断名だけでは適切な薬を選ぶことはできません。

診断名が同じでも、服用する人の体質や症状によって適する薬は異なりますから、漢方の専門家に相談しながら、上手に利用しましょう。

(北山 恵理)
posted by なつめ at 00:00| リビング新聞−よもやま話−

2019年02月23日

胃腸の不調を訴える人に…

ツムラの漢方薬の中で出荷量が1番多いらしい大建中湯。

出荷量が多いので無難に使用できる薬と思われがちですが、お腹に熱をもっている場合などに使用してしまうと逆効果。

結構な悪影響が出てしまいます。

名前をよく聞く薬でも、体質や症状に合わせたものを試さないとダメです。

さて、大建中湯について今週のリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(30/2/23号)

b1c2af66cea29fa5cfbead216c8894cf_s.jpg

まだまだ風邪をひいたり体調を崩す人が多いこの時季。

また、冷えたことが影響して、胃腸の働きが弱り不調を訴える人も多いようです。

冷えたおなかを温めるときには、大建中湯(だいけんちゅうとう)という漢方薬がよく用いられます。大建中湯は、山椒(さんしょう)・乾姜(かんきょう)・人参(にんじん)・膠飴(こうい)の4種類の生薬(しょうやく)から構成されます。  

この薬は、中国・後漢の時代に張仲景(ちょうちゅうけい)が著したとされる医学書「金匱要略(きんきようりゃく)」に収載されています。

手足やおなかが冷えて、ガスがたまって苦しく、便秘傾向にある人に適することが多い薬です。

激しい場合には、嘔吐(おうと)して、痛みがひどく腹部に手を触れることすらできないような症状にも用いられます。

最近では、このような大建中湯を使う目標となる症状が腸閉塞の時に生じる症状と似ていることから、西洋医学の現場でも登場することの多い漢方薬となりました。

外科手術の後に、腸閉塞の予防で大建中湯を服用するのです。

しかし、誰にでも大建中湯が適するとは限りません。

大建中湯のほかにも、腹部を温めて不調を改善する漢方薬は、人参湯(にんじんとう)、真武湯(しんぶとう)、小建中湯(しょうけんちゅうとう)など多くあります。

漢方の専門家に相談して最適な漢方薬を利用しましょう。

(北山 恵理)
posted by なつめ at 00:00| リビング新聞−よもやま話−

2019年01月26日

解毒、解熱に使われる忍冬

皆様、花粉症の症状出ていませんか?

暖かい日に花粉症の症状を訴えられる方、多いです!!

こんな1月末に花粉症の症状が起こるなんて信じられないという人も少なくなく、皆さん風邪なのか花粉症なのか、はたまた新しい不調なのか不安になって薬局にかけ込まれてきます。

花粉、飛んでいるんでしょうね・・・暖冬、恐るべし。

しかし、この週末は寒波が襲ってくるようです。

皆様ご自愛くださいね。

さて、今週のリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(30/1/26号)

8e397a2d4aa78c397eccd094c0e0e2c0_m.jpg

今年は暖冬といわれていますが、やはり冬の寒さは厳しいものです。

漢方薬の原料になる生薬(しょうやく)の忍冬(にんどう)は、冬の寒さに耐え忍ぶ様子が名前の由来だとされています。

忍冬はツル性植物であるスイカズラの茎や葉のことを指します。

常緑植物で冬が訪れても落葉し
ないため、その姿が昔の人々には寒さに耐えているように見えたのでしょう。

忍冬には解毒作用や解熱作用があるとされ、化膿性の皮膚症状などによく用いられる漢方薬に含まれます。

その中には治頭瘡一方(ちづそういっぽう)という漢方薬があり、便秘気味で比較的体力がある人の、顔面や頭部などにできる湿疹や水疱などの頭瘡と呼ばれる症状に適することが多い薬です。

また、スイカズラの花蕾(からい)は金銀花(きんぎんか)と呼ばれ、忍冬とは異なる生薬です。

5〜6月に咲く白い花が黄色く変化することが名前の由来だそうです。

忍冬と同様に解毒作用や解熱作用などがあるとされ、金銀花を含む漢方薬には、荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)があります。

これは、化膿性の湿疹やじんましんの改善に用いられることが多い十味敗毒散(じゅうみはいどくさん)の素となった処方です。

同じ植物でも、部位によって異なる生薬になることがあります。

それぞれの作用が異なる場合もありますので、専門家に相談しながら上手に利用しましょう。

(北山 恵理)
posted by なつめ at 16:02| リビング新聞−よもやま話−