2018年04月21日

84 歳まで長生きした貝原益軒

いつの世も「健康でいる」ということは、かけがえのないものです。

ですが、ただ長生きすればいいわけではなく、QOL(Quality Of Life:生活の質)を無視することはできません。

江戸時代は「老後は苦しく、辛いもの」という考えが一般的だったようですが、そんな中で「老いることの楽しみ」を実感していた貝原益軒(かいばらえきけん)という人がいました。

貝原益軒が残した江戸時代のベストセラーである『養生訓』をテーマに、今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(30/4/21号)

1039669.jpg

近年、さまざまな健康法が取り上げられていますが、実は江戸時代にも健康法をまとめた書がありました。

「養生訓」という書物で、著者は儒学者で医師である貝原益軒(1630〜1714年)。

健康を保つための養生の意義、心構えや、飲食から入浴、睡眠まで多くの養生法が書かれています。

健康長寿で知られる益軒ですが、実は幼少時代はかなりの虚弱体質でした。

長生きは出来ないといわれたほどで、外で遊ぶこともできず家で書物を読んでいました。

自らも医学の知識を深めて無事に成人。

益軒にとって養生することは当たり前のことだったようです。

益軒は39歳の時に22歳年下の東軒(とうけん)と結婚します。

東軒は益軒よりもさらに病弱で生死の間をさまようこともあったそうです。

益軒らは、体にいいといわれるものは試して、良い実感があったものを記録していきました。

夫婦で養生に励んだ結果、平均寿命が40歳の時代に、東軒62歳、益軒は84歳まで長生きしました。

江戸時代に書かれたものですが、精神と身体は別々でなく、人間を一つのものとして考える養生訓。

現代でも、はっとさせられることもあるかもしれません。

もし、不調を感じれば漢方薬を利用すればよいですが、日常生活の養生次第で結果が異なる場合があります。

せっかくですから、しっかり養生しながら漢方薬の効果を実感しやすくしましょう。

(北山 恵理)

posted by なつめ at 16:58| リビング新聞−よもやま話−

2018年03月31日

頸椎捻挫や打撲に効く漢方薬

あっという間に桜が満開です!

お花見しなきゃ!

桜ではないのですが、うちの庭にあるヒメコブシもピンク色の可愛いお花をいっぱい咲かせています(*^_^*)

IMG_1056.JPG

青空をバックに淡いピンク色の花の組み合わせって本当に綺麗ですよね。

さて、今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(30/3/31号)

関節痛や神経痛などの痛みの症状に漢方薬はよく利用されています。

しかし、頸椎(けいつい)捻挫や打撲、骨折などの外傷にも効果的だということは、ほとんど知られていません。

漢方では、外傷の原因を瘀血(おけつ)と考えます。

血の循環が滞った状態を意味し、内出血を想像すると分かりやすいでしょう。

そのため、駆瘀血剤(くおけつざい)といわれる瘀血をさばく漢方薬が利用されます。

駆瘀血剤というと婦人科の症状に利用するものと思われがちですが、瘀血が原因のさまざまな症状に利用されるのです。

駆瘀血剤で一般的に外傷に利用されているものが幾つかあります。

腫脹(しゅちょう)や疼痛(とうつう)が激しく、体力が衰えていなくて便秘傾向のある人に利用する桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、皮下出血が広範囲にあるときや軽度の頸椎捻挫に桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、腫脹や疼痛のほか、筋骨の疼痛が長引いているときには「打撲を治す薬」という意味の名が付けられた治打撲一方(ぢだぼくいっぽう)などが利用されています。

原因がはっきりせず長く悩まされている頸椎捻挫の痛み、骨折した場所や手術跡のあたりがいつまでたっても痛むなどの症状が、漢方薬を服用することで改善していくことは少なくありません。

西洋医学の治療でなかなか改善せずに悩んでいるときは漢方の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。 

(北山 良和)

posted by なつめ at 17:00| リビング新聞−よもやま話−

2018年03月16日

花粉症のときに試したい漢方薬

昨年に引き続き、花粉症の症状が出ています。

甘い物ばかばか食べてたせいもあるかと…とほほ…

甘い物食べ過ぎると花粉症だけでなく、冷えにも影響することが少なくありません。

無理のない範囲でほどほどにしておきましょう。

さて、今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(30/3/17号)

1034875.jpg

花粉症のつらい季節がやってきました。

現在、日本では4人に1人が花粉症だといわれています。

特に、2月から4月にかけて飛散するスギ花粉で悩んでいる方は多いことでしょう。

花粉症の代表的な症状と言えば、くしゃみ、鼻水、鼻づまりです。

その中でも、さらさらした鼻水が垂れてくるのは困ったものです。

私も昨年の今の時季に、下を向けば鼻水が垂れてきて往生しました。

さらさらした鼻水が垂れ、くしゃみが出て困るような時によく用いられる漢方薬に、小青龍湯(しょうせいりゅうとう)があります。

この薬は、体の中から温め、鼻水やくしゃみなどの体内の余分な水分を排出してくれる生薬(しょうやく)から構成されています。

もし、錠剤や粉薬の小青龍湯を試して効果がなければ、漢方薬本来の形である煎じ薬で試してみるのもよいでしょう。

私自身、花粉症で困っている時に、手軽な粉薬で症状が治まらなかったので、粉薬と同じ漢方薬を煎じ薬をつくって飲んだところ約10分後には症状が治まった経験があります。

改めて薬の剤型によって効果が異なることを実感したものです。

小青龍湯のほかにも、花粉症の症状に用いる漢方薬は多くありますが、漢方は飲む人の症状や体質によって薬を選ぶ必要があります。

専門家に相談しながら上手に漢方薬を利用しましょう。

(北山 恵理)

posted by なつめ at 17:01| リビング新聞−よもやま話−