2018年10月20日

顆粒剤、錠剤、丸剤どれがよく効くの?

先日、師匠との会話の中で「生薬(しょうやく=漢方薬の原料)の品質」が話題にあがりました。

食べ物だと有名な産地だとか、コシヒカリなどのブランドなどで一般の人にも品質の優劣の評価がわかりやすい場合が多いけれど(あえてそういった評価基準にのせない土俵の上で一級品を作っておられる場合もあるでしょうが、一般的な場合の話です)、生薬となると一般の人にわかりやすい基準がないため、品質の良し悪しがイメージしにくいですよね、というお話。

まぁ、生薬というもの自体があまり目に触れる機会がないので仕方がないのかもしれません。

しかし、漢方薬の効果は、生薬の品質と漢方薬の剤型に大きく左右されます。

漢方家の腕も漢方薬の効果を左右するものの1つですが、いくら漢方家の腕がよくても効果の薄い漢方薬では限界があります。

あなたが飲んでいる漢方薬の原料の品質はどうですか?

今週のリビング新聞の漢方Q&A(2018/10/20号)の更新です。

はかせA.jpg

Q.顆粒剤、錠剤、丸剤どれがよく効くの?

 子宮筋腫があり、知人に勧められて桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の顆粒(かりゅう)剤を飲んでいます。桂枝茯苓丸は、顆粒剤や錠剤よりも丸剤がよく効くということを聞きましたが、どうでしょうか。(43歳、女性)

A.品質がよければどちらでもよいです

 漢方薬の名前には、葛根湯(かっこんとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸など、湯・散・丸などが付いています。

 湯は煎じて、散は粉末にして、丸は丸薬にして利用するもので、それぞれの剤型、つまり湯剤(煎じ薬)、散剤(粉薬)、丸剤をそのまま飲めば最も効果があるという俗説があります。

 湯剤は、配合する生薬(しょうやく)の品質がよければよいのですが、散剤と丸剤では少し事情が異なります。

 実は、ほとんどの散剤や丸剤は湯剤として飲めば効果が高まるのです。

 例えば桂枝茯苓丸は、210年頃(中国・後漢の時代)に編さんされた書「金匱要略(きんきようりゃく)」に載っている処方で、最初は丸薬をそのまま飲みました。

 桂枝、茯苓、牡丹皮(ぼたんぴ)、桃仁(とうにん)、芍薬の5種の生薬を等量ずつ粉末にして、蜂蜜で練ってウサギのふんの大きさの丸薬にして食前に飲んだのです。

 その後の歴史の中では刻んだ生薬を煎じて飲むことが多くなり、丸剤と湯剤の両方が利用されました。ちなみに、中国の明代の書「万病回春(まんびょうかいしゅん)」では湯剤として使われています。

 江戸時代の書「方輿輗(ほうよげい)」には、「元は丸剤にしてあるが、湯剤にすれば効果が速く出るものだ。湯剤を飲むことができない場合は蜜で練って用いなさい」と書かれており、このことは、現在でも通用します。

 現在使われている桂枝茯苓丸の顆粒剤や錠剤の多くは、湯剤のエキスから作られていますが、湯剤に比べると効果はかなり弱くなっています。ですから、顆粒剤、錠剤、丸剤という剤型の違いでは、大きな効果の差はないのが現実です。

 むしろ、メーカーによる製剤の特徴の違いを意識してもよいかもしれません。

 そして、顆粒剤、錠剤、丸剤で満足する効果がなければ、湯剤を試すとよいでしょう。

 有名な当帰芍薬散も、「金匱要略」では、散剤を酒に混ぜて飲みましたが、やはり歴史の中で湯剤として使われていることが多く、「方輿輗」には「当帰芍薬散は散剤になっているが、湯剤にすればよく効果がある処方だ」と書かれています。

 その他、五苓散(ごれいさん)、八味丸(はちみがん)など、名前に散・丸がついている漢方薬の剤型は、湯剤を除いてあまりこだわる必要はないでしょう。

 いずれにしても実際に効果が表れているかどうか≠何よりも大切な目安にして、剤型を選んでください。

(北山進三)
posted by なつめ at 00:00| リビング新聞−漢方Q&A−

2018年09月22日

自律神経失調症によい漢方薬は?

朝晩少しずつ冷えてきていますが、今日は日差しが暑かったですね。

こういう時は知らないうちに肉体的にも身体的にも負担がかかりやすいです。

イベントの秋、食欲の秋、音楽の秋で楽しいことが目白押しな季節ですが、体の調子と相談しながら無理なく楽しんでくださいね(*^_^*)

では、今週のリビング新聞の漢方Q&A(2018/9/22号)の更新です。

はかせA.jpg

Q.自律神経失調症によい漢方薬は??

 数年前から、めまいや頭痛があり、肩凝りが強くて、夜よく眠れない日が続いています。自律神経失調症と診断されていますが、なかなかよくなりません。漢方薬を試してみたいと思うのですが…。(46歳、女性)

A.漢方が役立つことが多い病気です

 私たちの体には網の目のように神経が張り巡らされています。

 体の隅々まで行き渡る神経のうち、自分の意思で筋肉を働かせて手足などを動かす神経を運動神経と呼び、意思に関係なく臓器や血管などの働きを調節している神経を自律神経と呼びます。

 自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は戦いの神経といわれることがあり、緊張したときや興奮したときによく働き、血管が収縮して血圧が上がり、脈拍や呼吸が速くなります。

 副交感神経はやすらぎの神経ともいわれ、リラックスしたときによく働いており、血管は拡張して血圧は安定し、脈拍や呼吸も落ち着きます。

 これら2つの神経が、いわばアクセルとブレーキのように、バランスよく働くことによって私たちの体は無意識のうちにさまざまな状況に対応しているのです。

 ストレスや生活習慣の乱れ、女性ではホルモンの失調などによって、自律神経のバランスが乱れて不快な症状が現れる状態を自律神経失調症といい、めまい、頭痛、頭重、手足の冷えやしびれ、ほてり、イライラ、不安、動悸(どうき)、不眠などのほか、さまざまな症状を表します。

 自律神経失調症の症状は、検査しても原因となる病気が見つからないので不定愁訴と呼びます。

 病気の原因を科学的に探ることで進化した西洋医学では軽んじられていた不定愁訴ですが、症状と体質を重んじた薬物療法の経験を積み重ねることで発達した漢方では、不定愁訴は病気の人の状態を表す指標になり、治すものとして昔から重んじられてきました。
 
 例えば、肩や背中の症状一つとっても、右肩が凝る、左肩が凝る、肩から背中にかけて凝る、逆に背中から肩にかけて凝る、肩だけが凝る、背中だけが凝るなどと区別し、他の症状を合わせて、全身の状態を把握して適する薬を選びます。

 ですから、自律神経失調症のように不定愁訴が多い病気の改善には、今でも漢方が役に立つことが多いのです。

 一般的に使用する漢方薬の一部を挙げておきます。詳しくは専門家にご相談ください。

●柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう) 体力のある人で、動悸、目まい、不眠、不安などのある人に

●半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) 虚弱傾向の人で、気分が沈み、不安を感じる人に
 
●逍遥散(しょうようさん) 疲労、肩凝り、不安などを訴える人に。女性に適することが多い 

薬が合えば、長くても2カ月もあれば効果を感じるでしょう。

(北山進三)
posted by なつめ at 16:00| リビング新聞−漢方Q&A−

2018年08月04日

酷暑のバテ、漢方薬でしのげますか?

この度の西日本豪雨災害で被害にあわれました皆様、またそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

相変わらず暑い日が続いており、まさに“酷暑”。

気象庁も「災害と認識」するほどの“酷暑”。

漢方も上手に利用して暑さに負けないよう過ごしましょう!!

では、今週のリビング新聞の漢方Q&A(2018/8/4号)の更新です。

はかせA.jpg

Q.酷暑のバテ、漢方薬でしのげますか?
 
今夏の暑さに悩まされています。クーラーの効きも悪く、過ごしにくい日が続いています。夏バテに効く漢方薬があると聞きましたが、手軽に飲めるものがあるでしょうか。(69歳、女性)

A.昔から暑気あたりの漢方が使われています

 今年の夏は尋常でない暑さです。

 私が小学生だった頃、新聞に「30℃を超えた猛暑」という見出しの記事が出ていたことを思い出しました。当時は夏に30℃を超えることが驚きだったのです。ところが今年は40℃を超えたことが報道されています。

 わずか60年ほどの間に、夏の暑さが10℃も上がりました。7月24日の時点で日中の最高気温が35℃以上の猛暑日が10日も続いており、予報ではしばらく猛暑が続くということです。

 今はクーラーがあるとはいうものの、この猛暑の影響は甚大、熱中症で救急搬送された人が全国で2万人以上にも及び、何十人もの人が亡くなられています。

 お医者さんのお世話にならなくてもよいように、平素から夏の健康を考えて暑さ対策をするには漢方が役に立つと思います。

 暑気あたりのことを漢方では中暑(ちゅうしょ)といい、暑さに中(あた)るという意味です。今年の中暑は、身体の外も内も熱くなり、「恰(あたか)も極暑日照りの節に屋根の尾(鬼瓦のように屋根に載ってる飾り瓦)の灼(や)ける如く、真底までも灼け附けることぞ」という古典の表現のままのような気がします。

 中暑がひどくなると注夏病(夏痩せ)になり、「気分も何んとなく衰えて気難しく、一身に力無く、痩せ衰えて、食も進まず。此の症が多くあること也」と古典にあります。

 今年の夏は、いきなり猛暑が続いたので、痩せる間もなく注夏病になる人が増えたのでしょう。

 このような状態には、身体にこもった熱を冷ますとともに、元気を補うことが大切です。

 中暑に使われる漢方薬はいろいろありますが、現在一般的に使われる漢方薬の一つに清暑益気湯(せいしょえっきとう)があります。

 中国・明の時代に著された「医学六要(いがくりくよう)」という書に載り、高麗人参をはじめ9種の生薬(しょうやく)の組み合わせです。古典には、「兎角暑邪に打たれて元気の弱るの、老人や虚弱の者や、大病の後に好い。熱は翕々(ぼかぼか)と有りて身体の疲れたるに用いる」とあり、暑気を払い、よく元気を補う薬です。

 人参、麦門冬(ばくもんどう)、五味子(ごみし)という3種の組み合わせの生脈散(しょうみゃくさん)は、中暑の軽症や予防に使われます。

 平素から疲れやすい人は、「元気の虚弱の人が暑邪に打ち負けたる症に用いる」と古典にある補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を中暑のときだけでなく、持薬として飲んで元気な体になりましょう。

(北山進三)


●●リビングカルチャースクールのお知らせ●●
【おかげさまで参加申込人数が定員に達しましたので、申込み受付を終了とさせていただきます。有難うございました!】(H30.8.25追記)
寿元堂スタッフの北山恵理がリビングカルチャースクールで講師をさせていただくことになりました。
漢方の歴史や考え方、漢方の長所や短所、薬の形による違いなどについてお話させていただく予定です。
漢方薬本来の形である「煎じ薬」の試飲や、漢方薬の原料である生薬を味わいながら、ゆっくり楽しく学びましょう♪

【日 時】 9/5、9/19、10/3、10/17(隔週水曜、全4回)
      19:00〜20:30 
【受講料】 5,184円(4回分)
【教材費】 1,000円(4回分)
【講 師】 北山恵理 
【会 場】 リビングカルチャー教室(北区中山下) 
【申込み】 リビング事業社 → 電話1(プッシュホン) 086(235)2433
      ※土・日曜、祝日休業
      ネットからも申込みできます→★★★
posted by なつめ at 18:00| リビング新聞−漢方Q&A−