2018年07月19日

関節リウマチによい漢方薬はある?

この度の西日本豪雨災害で被害にあわれました皆様、またそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

私も何かできることを、と思いながら何をしていいのかわからずに、ほんの気持ち程度の支援しかできていません。

被災地の復興のため、日々活動をされている方々には本当に頭が下がる思いです。

その思いが被災地の方にとってどれだけ支えになっていることでしょう。

皆様の安全と被災地の一日も早い復興を願っています。

では、今週のリビング新聞の漢方Q&A(2018/7/14号)の更新です。

はかせA.jpg

Q.関節リウマチによい漢方薬はある?
 
 長年関節リウマチで悩んでいます。病院で治療を続けていますが思うように痛みが取れず、漢方薬がよいということを聞きましたが、どんな漢方薬が効くのでしょうか。(67歳、女性)

A.一度試してみることをお勧めします

 関節リウマチは免疫の異常によって起こる病気です。最初は手の指など小さな関節が左右対称に腫れて痛むことから始まることが多く、次第に大きな関節にも波及していきます。朝起きたときに指がこわばって曲げにくくなる症状が特徴です。

 病気が進むと関節が変形して動かしにくくなります。

 30〜50歳代の女性に多く発症し、進行の度合いには個人差があります。

 関節リウマチは、症状があちこちの関節を経歴することから、古代の中国医学では歴節風(れきせつふう)、痛みの激しいものを白虎(びゃっこ)にかまれるように痛むということで白虎風といいます。また、元の時代からは痛風とも通称されています。ただし、西洋医学の病名の痛風の定義とは異なります。

 関節リウマチは昔から治りにくい病気ですが、漢方が効果的なケースも多くあります。

 寿元堂薬局の経験では、初期または軽症の場合は症状が消えてしまうこともありますが、こじらせた後で相談に来られる方が多いのが残念です。それでも西洋医学に漢方を併用すれば症状が改善することが多くあるので、一度は漢方を試すとよいと思います。

 では、どんな漢方薬が効くのでしょうか。

 「○○という病気に効く漢方薬は?」「××という症状にはどんな漢方薬を?」という質問は平素から少なくありません。しかし、漢方薬は病名や症状だけで選ぶものではありません。同じ病名を持つ人や同じ症状のある人でも、人によって状態は異なります。

 病名や症状だけで漢方薬を選ぶのは、例えば、「男性に似合うスーツ」や「〇歳の女性に適したバッグ」という条件だけで選ぶことと同じで、適切な選択はできません。

 漢方薬は、いわばオーダーメイドの薬です。関節リウマチという病気のある、あなた自身の体質や症状を細かく捉えて、多くの漢方薬の中から最も効果がありそうなものを選ぶことが大切です。

 ちなみに、私が編集した「黙堂柴田良治処方集」には42処方以上が関節リウマチに使われますし、古典にはさらに多くの漢方処方が載っています。それらを参考にして、実際に使う漢方薬を選ぶと効果が出やすいのです。

 一般的に入手しやすい漢方薬だけでも、桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)、桂枝芍薬知母湯(けいししゃくやくちもとう)、五積散(ごしゃくさん)、疎経活血湯(そけいかっけつとう)、大防風湯(だいぼうふうとう)、独活寄生湯(どっかつきせいとう)、薏苡仁湯(よくいにんとう)などがあります。

 できれば専門家に詳しくご相談ください。

(北山進三)
posted by なつめ at 18:45| リビング新聞−漢方Q&A−

2018年06月09日

弱った心臓に漢方が効きますか?

全国的に今年は早い梅雨入りですね。

岡山も先日、例年よりも2週間も早く梅雨入りしました。

うちのお庭では、ガクアジサイの1つである「隅田の花火」が満開です(*^_^*)

いつもは白色だったのですが今年はほんのりピンク色。

八重咲でよけいと可愛いです。

IMG_1854.jpg

今週のリビング新聞の漢方Q&A(2018/6/9号)の更新です。

Q.弱った心臓に漢方が効きますか?
 
 数年前から不整脈があります。脈が結滞することが多く、時に動悸(どうき)がして不安です。心房細動といわれていますが、病院で薬は出ていません。漢方が効くでしょうか。(72歳、男性)

A.多くの漢方薬が使い分けられます

 心臓は1日に約10万回も電気的な刺激によって収縮と拡張を繰り返しています。病気、加齢、ストレスなど、何らかが影響して電気刺激が変調して不整脈が起きます。

 心房細動は高齢者に多く、心臓の上部の心房が不規則に震え、心臓がきちんと収縮できなくなり不整脈が起こります。

 西洋医学では薬物治療と心臓カテーテルによるアブレーション治療があります。アブレーション治療はカテーテルを使って心臓内の不整脈の原因となる異常な部分を焼いて治療するものです。

 脈の結滞がひどくなるとペースメーカーが必要となることがあります。

 しかし、抗不整脈薬は副作用の心配があるせいか、寿元堂薬局に相談に来られた人で薬を飲んでいたのは1人だけでした。アブレーション治療は、高度な専門性を要するので、慎重に行われなければなりません。

 最近のペースメーカーは機能もよく、装着しても日常生活の不便はあまりないようですが、携帯電話などの電磁波の影響には注意が必要です。

 漢方はどうでしょうか。漢方薬を適切に使えば副作用の心配はほとんどないので、動悸や不整脈で悩んでいる人は試してよいと思います。

 当薬局の過去の経験では、不整脈の治療にペースメーカーが多く使われていたころには、漢方の効果でペースメーカーの適応から改善した人が何人もいました。私の祖母も90歳の頃に心房細動と診断され、不整脈と胸痛を訴えることがしばしばありましたが、漢方薬を数年続けて飲むだけで治ってしまいました。

 今でも、不整脈や動悸には漢方で対応しやすいケースが多くあると思っています。

 不整脈の改善によく使われる牛黄(ごおう)という漢方薬があります。

 牛黄は、牛の胆石を乾燥させたもので、多くの病気に応用されますが、心臓の薬としても定評があります。六神丸や救心など心臓病に利用される製剤の主剤にもなっていますが、牛黄は良質の粉末を飲むのが最も効果的かつ効率的です。

 そのほか、多くの漢方薬が使い分けられますが、一般に入手しやすい漢方薬を紹介します。

●柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
体力があり、不安を感じ、便秘がある人に。

●柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
前方が適するような状態で便秘がなく虚弱な人に。

●桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
不安や神経過敏がある虚弱な人に。

●炙甘草湯(しゃかんぞうとう)
動悸が強く、疲れやすい人に。

●苓桂朮甘湯(りょうけいじゅっかんとう)
めまいや立ちくらみがある人に。

(北山進三)
posted by なつめ at 17:00| リビング新聞−漢方Q&A−

2018年05月12日

糖尿病に漢方薬の作用、効き方は?

皆様、GWは存分に楽しまれましたでしょうか?(*^_^*)

途中、雨が降ったものの、お出かけ日和でしたね!

お休み明けも、リビング新聞の漢方Q&A(2018/5/12号)の更新です。

はかせA.jpg

Q.糖尿病に漢方薬の作用、効き方は?
 
 糖尿病は食事療法(カロリー制限)と運動療法が治療の柱だといわれますが、漢方では予防的な使い方でしょうか。漢方薬の場合、どのような作用、効き方をするのですか。(35歳、女性)

A.長年使われてきた信頼性の高い薬も

 糖尿病は、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が上昇する病気です。血糖値を調節するインスリンの働きが悪くなって起こります。

 糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があります。1型はすい臓にあるインスリンを作る細胞がインスリンを作れなくなることで発症します。2型は、遺伝や食生活の乱れ、ストレスなどの影響でインスリンの量や働きが低下して起こります。日本では糖尿病のほとんどが2型です。2型糖尿病の初期には自覚症状がないことが多く、健康診断や人間ドックで見つかることがあります。

 糖尿病の予防と治療には食事療法と運動療法は欠かすことができないものですが、必要であれば血糖降下剤やインスリン製剤などの薬物療法が取り入れられます。

 では、漢方はどうでしょうか。漢方薬を飲んでも食事療法と運動療法の重要性が変わることはありませんが、漢方薬を飲むことによって予防効果が高まり、病気の改善に役立ちます。

 効果の出方には当然個人差があり、気長に飲んで悪化の進行を遅らせるという効き方から、数カ月という比較的短期間で検査値が改善するケースなどさまざまです。

 さて、漢方薬は糖尿病にはこの薬というように、西洋医学の病名で使う薬を判断することはしません。そして、漢方薬の作用は科学的にはまだ分かっていません。長年の間に蓄積された経験を踏まえた使い方をして、全身状態に適した薬を利用して体を整えます。

 簡単に例えれば、全身の状態の中に疲れやすくて手足が火照るという症状がある人が漢方薬を飲んで症状がなくなり体調がよくなったとします。その人が仮に糖尿病であったとすれば、結果的に糖尿病の改善に役立つことになるのです。

 とはいえ、糖尿病になる人には、体質と症状に似た傾向があるので、使われる漢方薬もある程度限られてきますが、漢方が盛んな時代には現在使われている漢方薬よりもはるかに多くの処方が使い分けられていました。

 例えば、糖尿病の典型的な症状である口渇と多尿を消渇(しょうかつ)といいますが、江戸時代を代表する処方集「古今方彙(ここんほうい)」の消渇の項目だけでも13処方が記載されています。その中で現在もよく使われる八味丸(はちみがん)は、中国の後漢の時代から2000年にもわたって使われてきた信頼性の高い薬です。

 その他、大柴胡湯(だいさいことう)、白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)、六味丸(ろくみがん)などが使われることがあります。

(北山進三)
posted by なつめ at 00:00| リビング新聞−漢方Q&A−