2019年03月09日

花粉症、薬の剤型で効果が異なる!

今年も嫌な季節がやってまいりました・・・。

聞いたところによると、昨日は今年で1番花粉が飛散していたようで薬局に花粉症の薬を求めに来られる方が多く、他の相談で来られる方も鼻水に悩まされている方が多かったです。

これから暖かさが増すにつれて、不安になりますが、自分に適した薬を見つけましょう!

今週もリビング新聞(岡山)の「ここが知りたい漢方」の更新です(2019/3/9号)

漢方薬の剤型(煎薬、顆粒剤、錠剤)A.jpg

今年も花粉症の季節がやってきます。

既に症状が出て悩んでいる人もいるのでは?

花粉症はアレルギー疾患の一つ。

スギ花粉などのアレルギー物質が鼻や目の粘膜に付着すると、過剰な免疫反応によって症状が表れます。

花粉症の代表的な症状といえば、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりです。中でも、とめどなくあふれてくる水のような鼻水が特徴的です。

西洋医学では、粘膜の過敏性を少なくする抗アレルギー剤などで一時的に症状を抑えます。

一方、漢方では体質改善を目指し、症状が出なくなることを目的にします。

さらさらした鼻水が垂れ、くしゃみが出て困るような時によく用いられる漢方薬に、小青龍湯
(しょうせいりゅうとう)があります。 

この薬は、体の中から温め、鼻水やくしゃみなどの体内の余分な水分を排出してくれる生薬(しょうやく)から構成されています。 

小青龍湯のほかにも、辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)や葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうか
せんきゅうしんい)など、花粉症の症状に用いられる薬は多くあります。

その中から、飲む人の症状や体質に適するものを選ぶことが大切です。 

もし、錠剤や粉薬の小青龍湯を試して効果がなければ、漢方薬本来の形である煎じ薬で試してみるのもよいでしょう。

私自身、花粉症で困っている時、粉薬では症状が治まりませんでした。

そこで、粉薬で飲んだ漢方薬を煎じて飲んだところ約10分後には症状が治まった経験があります。

薬の剤型によって効果が異なることを身をもって実感できた貴重な経験ですが、改めて驚いたものです。

花粉症では、漢方薬は西洋薬の対症療法のような即効性が望める場合ばかりではありません。

通常は1〜2週間以内に効果が実感できる場合がほとんどですが、体質改善を目的とするなら長く飲み続けた方がよいでしょう。

漢方薬は西洋薬との併用も可能です。

継続していくうちに、次第に西洋薬の必要性が減り、最終的には漢方薬も不要になるでしょう。

(北山 恵理)

2019年02月02日

漢方薬の長所と短所について

関東では雪の予報が出ており、岡山でも北の方は一面真っ白だったそうで・・・。

寒いです(;ω;)

ですが明日は節分!

1月も終わり寒い冬もあっという間に過ぎていくことでしょう。

流行のインフルエンザにかかりませんよう、ご注意を〜!!

今週もリビング新聞(岡山)の「ここが知りたい漢方」の更新です(2019/2/2号)

漢方薬の剤型(煎薬、顆粒剤、錠剤)A.jpg

「漢方薬は体に優しい」「漢方薬は副作用が少ない」などという、良いイメージが多い漢方薬ですが、必ずしも良いことばかりではありません。

今回は、漢方の長所と短所について述べてみましょう。

代表的な長所には、次のようなものが挙げられます。

@西洋医学で対応しにくい病気の中に、漢方が効果を発揮するものが多くあります。

A副作用の心配が少ないといえます。

ただし、日本古来の漢方医学の考え方に従い、漢方薬を適切に選んだ場合に限ります。

B西洋薬とは異なり、症状を一時的に抑えるだけでなく、体を整えて自己治癒力を高めたりして、不都合な症状の根本的な改善に役立ちます。 

これらの漢方の長所は、病気で悩む人にとって大きな価値を持つはずです。

特に、西洋医学では治療が難しいとされている病気が、漢方で完治したり大幅に改善されたりする場合などは、漢方の存在意義の大きなものでしょう。

一方、短所には次のようなものが挙げられるでしょう。

@漢方薬の使い方は複雑なのでマニュアル化ができません。

現在では、漢方本来の使い方と効果を知る専門家は極めて少数で、漢方を深く学ぶ機会も非常に限られてしまっています。

A漢方薬は西洋薬ほど症状を一時的に抑える力が強くない場合が少なくありません。

また、効果を実感できるまでの期間や、効果の出方には個人によって大きな幅があります。

寿元堂薬局でも、長年悩んでいた症状に対して1服で大きな効果を実感できた例もありますが、効果が出るまでに2カ月以上要した例もありさまざまです。

B漢方によって手術を免れた人も少なくなく、打撲や頸椎(けいつい)捻挫などの漢方が得意な外傷もあります。

しかし、一般的には西洋医学のような優れた外科の手段がありません。

このように漢方にも長所と短所があります。

これらを理解し、自分に適した長所を持つものを、状況に応じて上手に利用しましょう。

(北山 恵理)

2019年01月07日

効果が表れるまでの期間の目安

皆様、七草粥は楽しまれたでしょうか?

疲れた胃腸をしっかり休めてくださいね。

今年は年末年始のお休みのが例年より長い方が多かったせいか、気が緩んだ瞬間に体の弱いところへ不調が出てきていらっしゃる現象を多く見かけました。

お仕事が始まった時より、緊張がふっと途切れた時にどっと疲れがやってきます。

皆様、どうぞご自愛ください。

今週もリビング新聞(岡山)の「ここが知りたい漢方」の更新です(2019/1/7号)

漢方薬の剤型(煎薬、顆粒剤、錠剤)A.jpg

「漢方薬は長く飲まないと効果が出ない」と思われていることが少なくありません。

今は西洋医学で治りにくい難しい病気の人が漢方を頼ることが多く、効果が表れるまでにある程度の期間がかかっても当然でしょう。

しかし、一般的に考えられているよりも意外なほど早く効果が表れる場合も多いものです。

長年患っている慢性病でも、漢方薬を飲んだ翌日から効果が出て驚くこともあります。

今回は、漢方薬を飲み始めてから効果が表れるまでの期間の目安を紹介しましょう。

風邪のような急性病の場合、即効性のある漢方薬が当然必要とされます。

通常1〜2日程度で効果が表れることが多いものです。

アトピー性皮膚炎や四肢のしびれ・痛みなどの慢性病の場合は、2週間〜1カ月程度で効果がみられることが多いでしょう。

しかし、長年経過して症状をこじらせてしまっている場合や効果の表れにくい場合などは、2〜3カ月続けてみることをお勧めします。

虚弱体質や冷え症など、体質改善を目的とするときにも、慢性病の場合と同様に考えればよいでしょう。

月経痛や月経不順などのように月経が関係する婦人病の場合は、飲み始めて少なくとも3回程度の生理の状態を観察して様子をみれば、効果を実感できる場合も多いものです。

潰瘍性大腸炎などの国が指定する難病でも漢方薬が効果を発揮することがあります。効果が分かりにくいことも多いため、最低でも2〜3カ月は服用した方がよいでしょう。

季節特有の花粉症の症状であれば、花粉の飛散シーズンに入る1〜2カ月前から漢方薬を飲み始
め、昨年の様子と比較するのも一つの方法です。 

病気も薬も多彩です。

西洋薬という大きな枠組みでは一概に効果の出る期間の目安を決めることができないのと同様に、漢方も一人一人の状態によって効果の出方の目安は異なります。

漢方の専門家に相談しながら、上手に漢方薬を利用しましょう。

(北山 恵理)