2019年01月07日

効果が表れるまでの期間の目安

皆様、七草粥は楽しまれたでしょうか?

疲れた胃腸をしっかり休めてくださいね。

今年は年末年始のお休みのが例年より長い方が多かったせいか、気が緩んだ瞬間に体の弱いところへ不調が出てきていらっしゃる現象を多く見かけました。

お仕事が始まった時より、緊張がふっと途切れた時にどっと疲れがやってきます。

皆様、どうぞご自愛ください。

今週もリビング新聞(岡山)の「ここが知りたい漢方」の更新です(2019/1/7号)

漢方薬の剤型(煎薬、顆粒剤、錠剤)A.jpg

「漢方薬は長く飲まないと効果が出ない」と思われていることが少なくありません。

今は西洋医学で治りにくい難しい病気の人が漢方を頼ることが多く、効果が表れるまでにある程度の期間がかかっても当然でしょう。

しかし、一般的に考えられているよりも意外なほど早く効果が表れる場合も多いものです。

長年患っている慢性病でも、漢方薬を飲んだ翌日から効果が出て驚くこともあります。

今回は、漢方薬を飲み始めてから効果が表れるまでの期間の目安を紹介しましょう。

風邪のような急性病の場合、即効性のある漢方薬が当然必要とされます。

通常1〜2日程度で効果が表れることが多いものです。

アトピー性皮膚炎や四肢のしびれ・痛みなどの慢性病の場合は、2週間〜1カ月程度で効果がみられることが多いでしょう。

しかし、長年経過して症状をこじらせてしまっている場合や効果の表れにくい場合などは、2〜3カ月続けてみることをお勧めします。

虚弱体質や冷え症など、体質改善を目的とするときにも、慢性病の場合と同様に考えればよいでしょう。

月経痛や月経不順などのように月経が関係する婦人病の場合は、飲み始めて少なくとも3回程度の生理の状態を観察して様子をみれば、効果を実感できる場合も多いものです。

潰瘍性大腸炎などの国が指定する難病でも漢方薬が効果を発揮することがあります。効果が分かりにくいことも多いため、最低でも2〜3カ月は服用した方がよいでしょう。

季節特有の花粉症の症状であれば、花粉の飛散シーズンに入る1〜2カ月前から漢方薬を飲み始
め、昨年の様子と比較するのも一つの方法です。 

病気も薬も多彩です。

西洋薬という大きな枠組みでは一概に効果の出る期間の目安を決めることができないのと同様に、漢方も一人一人の状態によって効果の出方の目安は異なります。

漢方の専門家に相談しながら、上手に漢方薬を利用しましょう。

(北山 恵理)


2018年12月08日

複数の漢方薬を服用する場合とは

西洋医学の薬と異なり、漢方薬を服用するほとんどの場合は1種類の漢方薬で対応します。

複数の漢方薬で対応するには、きちんとした理由があるのです。

今週のリビング新聞(岡山)「ここが知りたい漢方」の更新です(30/12/8号)

漢方薬の剤型(煎薬、顆粒剤、錠剤)A.jpg

漢方の世界では、その人の症状や体質など全身の状態を考慮して漢方薬を選びます。

寿元堂薬局でも、ほとんどの場合は1種類の漢方薬で対応します。

しかし、1種類の薬では対応が難しい時に、2種類の薬を飲んでいただくことがあります。

複数の病気や症状があり、複数の漢方薬で対応せざるを得ない場合や、1種類の漢方薬で対応が難しい症状に、2種類の漢方薬を使って効果を高める場合です。

複数の生薬で構成される漢方薬は複雑で、2種類の薬を同時に服用した場合に全く別の薬になってしまう可能性があります。

そのため、通常は2種類の漢方薬を服用する際には、1種類は食前、もう1種類は食後と、別々のタイミングで服用した方がよいでしょう。

ただし、意図的に2種類の漢方薬を同時に服用することもあります。

錠剤や顆粒(かりゅう)剤などのエキス製剤は、漢方薬本来のかたちである煎じ薬と比較して、薬の種類が限られます。

体質や症状などに適した漢方薬が製剤にない場合、2種類の漢方薬を組み合わせて別の内容の漢方薬として使用することがあるのです。

皮膚が乾燥して痒(かゆ)みがひどく、患部に熱感があったり、のぼせ傾向にある人に適することの多い「温清飲(うんせいいん)」という漢方薬があります。
 
温清飲は、血行を良くし、貧血を補い婦人病でもよく用いられる「四物湯( しもつとう)」と、顔が赤く、胸や胃に熱を持ち不安の強い人に用いられることの多い「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」という2種類の漢方薬を組み合わせた処方です。

例えば、温清飲の製剤の手持ちがない場合に、四物湯と黄連解毒湯という全く異なる人に適する薬の製剤があれば、それらを同時に服用することで温清飲を試すことができるのです。

このような場合には、2種類の漢方薬を同時に服用しなくては意味がありません。

複数の漢方薬を服用する時は、漢方薬の専門家に相談しながら目的に合うように、正しく服用しましょう。

(北山 恵理)

2018年11月03日

漢方薬の価格の相場は?

毎日飲む薬なので、価格を無視することはできません。

しかし、手間をかけるのが面倒、何よりも効果が欲しい、価格を重視、費用対効果を優先させる・・・価値観は人によって様々です。

その価値観や自分の目的に合った剤型を専門家と相談しながら、しっかり納得して試しましょう。

今週もリビング新聞(岡山)の「ここが知りたい漢方」の更新です(30/11/3号)

漢方薬の剤型(煎薬、顆粒剤、錠剤)A.jpg

漢方薬の剤型にはいろいろな種類があり、効果も価格もそれぞれ異なります。

毎日飲む薬のことなので価格が気になる人も多く、漢方薬の価格はよく尋ねられる項目の一つです。

今回は、寿元堂薬局での漢方薬の1日分のおおよその価格を紹介します。

これはほぼ全国的に通用する漢方薬の相場と考えてもよいでしょう。

最も手軽で漢方薬の味やにおいが苦手な人でも飲みやすい「錠剤」は、多くの場合、約2週間分の薬が入った1箱単位となっています。

1箱3500〜5000円程度のものが多く、1日分が200〜400円です。

味やにおいにあまり抵抗がないという人に適した「顆粒( かりゅう)」は1日分が300〜500円程度。
 
「煎じ薬」は1日分が600〜800円程度です。

煎じ薬は漢方薬本来の形で、品質の良い生薬(しょうやく)を用いれば、効果を最も良く引き出せます。

価格の数字だけ見れば高価に感じる人も多いかもしれませんが、以前から、漢方の煎じ薬の相場は駅弁1食分〞ともいわれてきました。

原料の生薬の値上がりが続いている現在、この煎じ薬の価格は高価とはいえないでしょう。

また、煎じ薬を煎じるときのにおいや手間を負担に感じる人がいます。

そんなときに便利なのがアルミパック。

これは、専用の装置を使って煎じ薬を作り、1回服用分ごとにアルミパックに詰めたものです(薬代とは別に手数料が必要)。

アルミパックの煎じ薬は、手間がかからないだけでなく、数カ月の長期保存も可能です。忙しい人や、旅行に煎じ薬を持って行きたい人などに重宝されます。

その人の生活スタイルに合った薬の剤型を選んで、漢方薬の形を選べばよいでしょう。

しかし、漢方専門薬局の立場から見ると、剤型による効果の限界を感じる場合も少なくありません。

手軽なもので思うような効果が得られず、剤型にこだわりがない場合は、煎じ薬を試してみてもよいでしょう。

漢方薬は専門家に相談しながら上手に利用しましょう。

(北山 恵理)