2018年04月07日

漢方の口訣って何ですか?

皆様、お花見楽しみましたか?

今年の桜はあっという間に散っていきましたね。

そして今日の気温の低いこと!

春はいずこへ…(;ω;)

今週の漢方Q&Aは、師匠が長年培ってきた資料をまとめた「漢方処方・口訣(くけつ)集」についてのお問い合わせがありましたので、「口訣」をテーマにしています。

では、リビング新聞の漢方Q&A(2018/4/7号)の更新です。

はかせA.jpg

Q.漢方の口訣って何ですか
 
 漢方薬を扱っている大阪の知人から、北山先生の「漢方処方・口訣(くけつ)集」が役立つと聞きました。江戸時代の口訣の資料が豊富でよいとのことですが、口訣って何ですか。(43
歳、女性)

A.漢方薬を効果的に運用する秘伝

 口訣は、広辞苑によると「文書に記さず、口で言い伝える秘伝」とあります。料理に例えると、優秀な料理人が見込んだ弟子に教える調理のコツのようなものです。

 経験医学である漢方も、師から弟子に秘伝を伝えることで継承されてきました。経験を基に組み立てられた陰陽説や五行説などの理論だけでは漢方の効果を引き出すのが難しいからです。これは調理の基本を学んだだけではおいしい料理店ができないのと同じです。

 師の口訣を弟子が書き留めたものや古い時代の名医の解説書なども漢方では口訣と呼び、口訣には漢方薬を効果的に運用するコツが多く含まれています。

 「漢方処方・口訣集」は漢方薬の出典と口訣を多数収載していますが、出典と口訣を参考にすることは、料理の基本の知識を深めながら、優秀な先輩たちのアドバイスを聞くことに似ています。

 現在は漢方薬が氾濫していますが、風邪には葛根湯≠ネどと、病名だけを手掛かりに薬を選ぶ簡便な使い方(病名漢方といわれます)と、理屈をてっとり早く学んでよしとする中医学といわれる中国医学が分かりやすいために広まって、どちらも漢方≠ニいうことになっています。

 これは、一つの料理が全ての人の好みに合うとしたり、味は差し置いて講釈を述べたりすることに似ています。

 病名漢方は健康保険が使える漢方薬に多いのですが、これは西洋医学の中の漢方薬≠ニいう区分の薬と考えればよいかもしれません。

 素晴らしい発展を遂げている西洋医学の漢方薬≠フ使い方には将来の可能性が秘められているでしょう。

 一方の中医学は漢方は中国が本場≠ニいう誤った先入観と、どちらも生薬(しょうやく)で作った製剤のためか、漢方と同一視されることが増えました。

 本来の漢方は難しく、今では学べる機会も全国的にまれになりましたが、20年ほど前までは漢方に熟練し、漢方と中医学の比較ができる先生方がまだおられました。

 漢方を深く知らない今の人たちは、漢方と中医学の比較さえできなくなっています。ともあれ、結果がよければ何でも良く、それぞれの立場で研さんに励んでいる人たちはおられるでしょう。

 しかし、漢方の優れた特徴が知られることなく、病名漢方と中医学が漢方≠ニ錯覚されるようでは、真の漢方とその素晴らしい効果が世間から失われかねません。 

 大阪のお知り合いは数少ない漢方の専門家の一人なのではないでしょうか。そのような人によって漢方が継承されていくと思います。

(北山進三)
posted by なつめ at 18:00| リビング新聞−漢方Q&A−

2018年03月31日

頸椎捻挫や打撲に効く漢方薬

あっという間に桜が満開です!

お花見しなきゃ!

桜ではないのですが、うちの庭にあるヒメコブシもピンク色の可愛いお花をいっぱい咲かせています(*^_^*)

IMG_1056.JPG

青空をバックに淡いピンク色の花の組み合わせって本当に綺麗ですよね。

さて、今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(30/3/31号)

関節痛や神経痛などの痛みの症状に漢方薬はよく利用されています。

しかし、頸椎(けいつい)捻挫や打撲、骨折などの外傷にも効果的だということは、ほとんど知られていません。

漢方では、外傷の原因を瘀血(おけつ)と考えます。

血の循環が滞った状態を意味し、内出血を想像すると分かりやすいでしょう。

そのため、駆瘀血剤(くおけつざい)といわれる瘀血をさばく漢方薬が利用されます。

駆瘀血剤というと婦人科の症状に利用するものと思われがちですが、瘀血が原因のさまざまな症状に利用されるのです。

駆瘀血剤で一般的に外傷に利用されているものが幾つかあります。

腫脹(しゅちょう)や疼痛(とうつう)が激しく、体力が衰えていなくて便秘傾向のある人に利用する桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、皮下出血が広範囲にあるときや軽度の頸椎捻挫に桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、腫脹や疼痛のほか、筋骨の疼痛が長引いているときには「打撲を治す薬」という意味の名が付けられた治打撲一方(ぢだぼくいっぽう)などが利用されています。

原因がはっきりせず長く悩まされている頸椎捻挫の痛み、骨折した場所や手術跡のあたりがいつまでたっても痛むなどの症状が、漢方薬を服用することで改善していくことは少なくありません。

西洋医学の治療でなかなか改善せずに悩んでいるときは漢方の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。 

(北山 良和)

posted by なつめ at 17:00| リビング新聞−よもやま話−

2018年03月16日

花粉症のときに試したい漢方薬

昨年に引き続き、花粉症の症状が出ています。

甘い物ばかばか食べてたせいもあるかと…とほほ…

甘い物食べ過ぎると花粉症だけでなく、冷えにも影響することが少なくありません。

無理のない範囲でほどほどにしておきましょう。

さて、今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(30/3/17号)

1034875.jpg

花粉症のつらい季節がやってきました。

現在、日本では4人に1人が花粉症だといわれています。

特に、2月から4月にかけて飛散するスギ花粉で悩んでいる方は多いことでしょう。

花粉症の代表的な症状と言えば、くしゃみ、鼻水、鼻づまりです。

その中でも、さらさらした鼻水が垂れてくるのは困ったものです。

私も昨年の今の時季に、下を向けば鼻水が垂れてきて往生しました。

さらさらした鼻水が垂れ、くしゃみが出て困るような時によく用いられる漢方薬に、小青龍湯(しょうせいりゅうとう)があります。

この薬は、体の中から温め、鼻水やくしゃみなどの体内の余分な水分を排出してくれる生薬(しょうやく)から構成されています。

もし、錠剤や粉薬の小青龍湯を試して効果がなければ、漢方薬本来の形である煎じ薬で試してみるのもよいでしょう。

私自身、花粉症で困っている時に、手軽な粉薬で症状が治まらなかったので、粉薬と同じ漢方薬を煎じ薬をつくって飲んだところ約10分後には症状が治まった経験があります。

改めて薬の剤型によって効果が異なることを実感したものです。

小青龍湯のほかにも、花粉症の症状に用いる漢方薬は多くありますが、漢方は飲む人の症状や体質によって薬を選ぶ必要があります。

専門家に相談しながら上手に漢方薬を利用しましょう。

(北山 恵理)

posted by なつめ at 17:01| リビング新聞−よもやま話−