2018年10月20日

顆粒剤、錠剤、丸剤どれがよく効くの?

先日、師匠との会話の中で「生薬(しょうやく=漢方薬の原料)の品質」が話題にあがりました。

食べ物だと有名な産地だとか、コシヒカリなどのブランドなどで一般の人にも品質の優劣の評価がわかりやすい場合が多いけれど(あえてそういった評価基準にのせない土俵の上で一級品を作っておられる場合もあるでしょうが、一般的な場合の話です)、生薬となると一般の人にわかりやすい基準がないため、品質の良し悪しがイメージしにくいですよね、というお話。

まぁ、生薬というもの自体があまり目に触れる機会がないので仕方がないのかもしれません。

しかし、漢方薬の効果は、生薬の品質と漢方薬の剤型に大きく左右されます。

漢方家の腕も漢方薬の効果を左右するものの1つですが、いくら漢方家の腕がよくても効果の薄い漢方薬では限界があります。

あなたが飲んでいる漢方薬の原料の品質はどうですか?

今週のリビング新聞の漢方Q&A(2018/10/20号)の更新です。

はかせA.jpg

Q.顆粒剤、錠剤、丸剤どれがよく効くの?

 子宮筋腫があり、知人に勧められて桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の顆粒(かりゅう)剤を飲んでいます。桂枝茯苓丸は、顆粒剤や錠剤よりも丸剤がよく効くということを聞きましたが、どうでしょうか。(43歳、女性)

A.品質がよければどちらでもよいです

 漢方薬の名前には、葛根湯(かっこんとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸など、湯・散・丸などが付いています。

 湯は煎じて、散は粉末にして、丸は丸薬にして利用するもので、それぞれの剤型、つまり湯剤(煎じ薬)、散剤(粉薬)、丸剤をそのまま飲めば最も効果があるという俗説があります。

 湯剤は、配合する生薬(しょうやく)の品質がよければよいのですが、散剤と丸剤では少し事情が異なります。

 実は、ほとんどの散剤や丸剤は湯剤として飲めば効果が高まるのです。

 例えば桂枝茯苓丸は、210年頃(中国・後漢の時代)に編さんされた書「金匱要略(きんきようりゃく)」に載っている処方で、最初は丸薬をそのまま飲みました。

 桂枝、茯苓、牡丹皮(ぼたんぴ)、桃仁(とうにん)、芍薬の5種の生薬を等量ずつ粉末にして、蜂蜜で練ってウサギのふんの大きさの丸薬にして食前に飲んだのです。

 その後の歴史の中では刻んだ生薬を煎じて飲むことが多くなり、丸剤と湯剤の両方が利用されました。ちなみに、中国の明代の書「万病回春(まんびょうかいしゅん)」では湯剤として使われています。

 江戸時代の書「方輿輗(ほうよげい)」には、「元は丸剤にしてあるが、湯剤にすれば効果が速く出るものだ。湯剤を飲むことができない場合は蜜で練って用いなさい」と書かれており、このことは、現在でも通用します。

 現在使われている桂枝茯苓丸の顆粒剤や錠剤の多くは、湯剤のエキスから作られていますが、湯剤に比べると効果はかなり弱くなっています。ですから、顆粒剤、錠剤、丸剤という剤型の違いでは、大きな効果の差はないのが現実です。

 むしろ、メーカーによる製剤の特徴の違いを意識してもよいかもしれません。

 そして、顆粒剤、錠剤、丸剤で満足する効果がなければ、湯剤を試すとよいでしょう。

 有名な当帰芍薬散も、「金匱要略」では、散剤を酒に混ぜて飲みましたが、やはり歴史の中で湯剤として使われていることが多く、「方輿輗」には「当帰芍薬散は散剤になっているが、湯剤にすればよく効果がある処方だ」と書かれています。

 その他、五苓散(ごれいさん)、八味丸(はちみがん)など、名前に散・丸がついている漢方薬の剤型は、湯剤を除いてあまりこだわる必要はないでしょう。

 いずれにしても実際に効果が表れているかどうか≠何よりも大切な目安にして、剤型を選んでください。

(北山進三)
posted by なつめ at 00:00| リビング新聞−漢方Q&A−

2018年10月12日

サルナシのお酒

生薬探偵の濱口さんと一緒に収穫したサルナシをお酒に漬けました(*^_^*)

濱口さんは、ご自身は既に収穫しているからと、今回収穫したサルナシを全部譲ってくださいました(;ω;)

有難うございます(;ω;)

結局、穫れたサルナシは約1.65kgっっ!!

帰りのリュックがずっしり重いはずです。

サルナシは目にするのも手にとるのも初めてなので、とりあえず半分に切ってみました。

IMG_2653.jpg

半分に切ってみると、まるでキウイ。

ちっこくて可愛いです♡

IMG_2656.jpg

水洗いして、乾燥させてから漬けていきます。

熟した果実を食べてみるとやっぱりキウイのもう少し柔らかい感じの食べ心地でした。

そのまま食べても甘かったので、氷砂糖もかなり少なめに・・・。

IMG_2671.jpg

ホワイトリカーとブランデーと2種類漬けようかと思いましたが、思い切ってホワイトリカーのみで贅沢な量のサルナシを漬けてみました(*^_^*)

2つに分けて漬けるべきだったか、まだ思い悩むことがあります(笑)

飲み頃までには、どうやら8ヶ月ほどかかるそう・・・。

長いっっ!!(゜Д゜)

去年漬けた山茱萸のお酒があるので、サルナシのお酒ができあがるまでは山茱萸でちびちびやりましょうかね。

美味しくなーれ♪

(2018.10.13追記)

生薬探偵から「サルナシ入れすぎです」とのご指摘があったので(笑)、結局4.5ℓのホワイトリカーに漬けこみました。

加減がわからず、もったいないことをするところでした(^_^;

量が増えて嬉しいです(*^_^*)

posted by なつめ at 00:00| 日記

2018年10月10日

生薬探偵とサルナシ狩りへ!

薬局のお休みを利用して、生薬探偵こと濱口さんとサルナシを収穫してまいりました!!

以前、濱口さんにサルナシをつけたお酒をいただいて、その味の虜になってしまった私。

濱口さんにわがままを言って、サルナシ狩りに連れて行っていただきました!!

サルナシは貝原益軒の著書の1つである大和本草にも登場します。

eaaa06ef234376bf4fbdd1f7c949ef48_s.jpg

このようなコロっとした可愛い果実をつけます。

熟した実は甘く、子供たちが好んで食べていたようですね。

マタタビ科のマタタビ属のつる性植物で、他の植物にまきついて上へ上へとのびていきます。

猫が好きなマタタビとよく似ていますが、マタタビは黒い雄しべ、サルナシは黄色い雄しべなので花で見分けるのが簡単だそう。

という前情報を生薬探偵に教えてもらいながら、サルナシスポットへ♪

とはいえ、猛烈な台風の影響などで道が崩れているところもあり、大体の目星をつけて果実は歩いて探します。

そんなところにヤマノイモと遭遇。

IMG_2627.jpg

ハートの葉っぱで可愛い♡

葉の付け根にムカゴもなっていたので、サルナシを発見できなかった時のためにGETしておきました(笑)

中を割ってみると、ヤマイモみたくねばねばが・・・。

味もヤマイモみたいにサクサクして美味しい。

ムカゴに満足していると、サルナシの現物を見ないと発見できないだろう、とのことで既に濱口さんが採取した後のサルナシスポットへ。

実際の葉やツルの感じをつかみに既に濱口さんが採取した後のサルナシスポットへ向かいます。

IMG_2633.jpg

手が届かないところに実が(ピンクの円部分)・・・残念(笑)

収穫できる果実はなかったものの、サルナシの葉っぱをGETして再出発です。

IMG_2632.jpg

探している途中にはこんなものも。

IMG_2631.jpg

イタドリ。生薬では虎杖根(こじょうこん)。

ちなみに、この日は色んな大きさのイタドリに出会うも1度も気づかず・・・なんとも情けない・・・(;ω;)

そんな中でもサルナシハンターとして覚醒している濱口さんは、話をしながらも「あそこは怪しい・・・どうや!?」と新規スポットを開拓すべくサルナシの果実のありそうなところを次々に発見していきます。

私は生薬探偵さんに言われて初めて注意がそちらにいく始末・・・トホホ・・・。

しかし、「どうや!?」といって注意深く見た中には、上の方へ実はなっていても手の届く範囲のものは既に収穫されているのか、実がついていなかったりで中々収穫活動には至りません。

何度目かの「どうや!?」の中に、手の届くところに(といっても、濱口さんが持参された高枝ばさみは必須)大量の果実がなっているサルナシの木を発見!!

高枝ばさみで切り取った果実を、もう1人が網で受け止めるという東京フレンドパーク(若い人はわからないですかね?今でいうとVS嵐??)さながらのゲーム感覚でサルナシを収穫していきます。

IMG_2636(2).jpg

これは濱口さんが1人で枝を切って、網に受けるという偉業を成し遂げているところです。

IMG_2637.jpg

そうして収穫したサルナシは、総量1.6kgほどっ!!

現在、水洗いをしてもう少し熟すのを待っているところです(*^_^*)

サルナシを収穫した後は何ともお洒落な山の中のカフェに連れて行っていただき、そこでも薬草講義を受けてきました(笑)

牛膝
IMG_2642.jpg

3枚葉の葛根
IMG_2641.jpg

など、普段ならすぐそばを通っても気づかないようなものから、ぱっと目を引くものまで本当に様々なものがありますね。

ヨウシュヤマゴボウ
f9fa09d9ac56bd3c0fe0c90f6fa2efa5_s.jpg

ヨウシュヤマゴボウは、結実しているもののすぐ近くに結実していないものもあり不思議な感じ。
IMG_2643.jpg

よく似たもので、枝状の花が上向きのヤマゴボウもあるそう。

どちらも毒なので注意。

サルナシをGETし、生薬探偵の講義を独り占めし大変贅沢な時間を楽しませていただきました。

さぁ、サルナシを漬けなければっ!!

posted by なつめ at 16:00| 日記