2018年07月30日

【リビングカルチャースクールのお知らせ】漢方を学ぼう!

おかげさまで参加申込人数が定員に達しましたので、申込み受付を終了とさせていただきます。有難うございました!】(H30.8.25追記)

この度ご縁をいただき「誤解だらけの漢方を学ぼう!」をテーマに、寿元堂薬局のスタッフがリビングカルチャー教室で講師をさせていただくことになりました。

寿元堂薬局に来られる方も、漢方に対して誤解を持っていることが少なくありません。

講義では、漢方の歴史や考え方、漢方の長所や短所、薬の形による違いなどについてお話させていただく予定です。

寿元堂薬局の創業者である北山進三が、本物の漢方が消えつつあることを懸念して書き著した『誤解だらけの漢方薬』。

『誤解だらけの漢方薬』の中から誤解の多い項目を抜粋します。

漢方薬本来の形である「煎じ薬」の試飲や、漢方薬の原料である生薬を味わいながら、ゆっくり楽しく学びましょう♪

【日 時】 9/5、9/19、10/3、10/17(隔週水曜、全4回)
      19:00〜20:30 
【受講料】 5,184円(4回分)
【教材費】 1,000円(4回分)  
【講 師】 北山恵理 
【会 場】 リビングカルチャー教室(北区中山下) 
【申込み】 リビング事業社 → 電話1(プッシュホン) 086(235)2433
      ※土・日曜、祝日休業
      ネットからも申込みできます→★★★

IMG_2036.jpg

posted by なつめ at 18:00| 寿元堂薬局

2018年07月28日

夏こそ冷えの季節@笆[病に注意

この度の西日本豪雨災害で被害にあわれました皆様、またそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

猛暑が続いていますが、皆様大丈夫でしょうか?

熱中症への注意はもちろんのこと、室内の冷え過ぎにも注意が必要です。

今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(30/7/28号)

079318.jpg

7月前半から記録的な猛暑日が続いています。

熱中症に注意が必要ですが、「冷房病」にも気をつけたいところです。

現在はスーパーやショッピングモールには必ず冷房が入っています。

うだるような暑い外から涼しい室内に入れば気持ちはいいのですが、長時間冷えた空間に居ることで、冷房病になる人がいるのです。

冷房病と呼ばれる症状として、足腰の冷え、倦怠感、食欲不振、便秘、頭痛、腰痛、不眠などがあります。

また、ホルモンの乱れを引き起こし、月経不順や月経痛の要因になることもあると考えられています。

冷房病に用いる漢方薬の一つ、五積散(ごしゃくさん)は、寒冷および湿気によって悪化する諸症状によく用いられ、応用範囲の広い薬です。

積(しゃく)とは停滞を意味し、五積は「寒・食・気・血・水」の5つの滞り≠フことで、体に害になると考えられています。

例えば、胃腸機能が低下したり、食べ過ぎたりして食べたものが胃に停滞して起こる胃もたれなどの諸症状は食積です。

食積から起こる腰痛や咳もあるので侮れません。

さて、冷房病にあたるのは寒積です。

冬場に外で体温を奪われて不調をきたすのも、夏場の冷房病も漢方においては同じ寒積といえます。

冷房や冷たい食物、飲み物を摂取する機会が多い夏こそ、冷えの季節と言えるかもしれません。

体を冷やしすぎないよう注意しましょう。

(北山 恵理)

posted by なつめ at 17:00| リビング新聞−よもやま話−

2018年07月19日

関節リウマチによい漢方薬はある?

この度の西日本豪雨災害で被害にあわれました皆様、またそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

私も何かできることを、と思いながら何をしていいのかわからずに、ほんの気持ち程度の支援しかできていません。

被災地の復興のため、日々活動をされている方々には本当に頭が下がる思いです。

その思いが被災地の方にとってどれだけ支えになっていることでしょう。

皆様の安全と被災地の一日も早い復興を願っています。

では、今週のリビング新聞の漢方Q&A(2018/7/14号)の更新です。

はかせA.jpg

Q.関節リウマチによい漢方薬はある?
 
 長年関節リウマチで悩んでいます。病院で治療を続けていますが思うように痛みが取れず、漢方薬がよいということを聞きましたが、どんな漢方薬が効くのでしょうか。(67歳、女性)

A.一度試してみることをお勧めします

 関節リウマチは免疫の異常によって起こる病気です。最初は手の指など小さな関節が左右対称に腫れて痛むことから始まることが多く、次第に大きな関節にも波及していきます。朝起きたときに指がこわばって曲げにくくなる症状が特徴です。

 病気が進むと関節が変形して動かしにくくなります。

 30〜50歳代の女性に多く発症し、進行の度合いには個人差があります。

 関節リウマチは、症状があちこちの関節を経歴することから、古代の中国医学では歴節風(れきせつふう)、痛みの激しいものを白虎(びゃっこ)にかまれるように痛むということで白虎風といいます。また、元の時代からは痛風とも通称されています。ただし、西洋医学の病名の痛風の定義とは異なります。

 関節リウマチは昔から治りにくい病気ですが、漢方が効果的なケースも多くあります。

 寿元堂薬局の経験では、初期または軽症の場合は症状が消えてしまうこともありますが、こじらせた後で相談に来られる方が多いのが残念です。それでも西洋医学に漢方を併用すれば症状が改善することが多くあるので、一度は漢方を試すとよいと思います。

 では、どんな漢方薬が効くのでしょうか。

 「○○という病気に効く漢方薬は?」「××という症状にはどんな漢方薬を?」という質問は平素から少なくありません。しかし、漢方薬は病名や症状だけで選ぶものではありません。同じ病名を持つ人や同じ症状のある人でも、人によって状態は異なります。

 病名や症状だけで漢方薬を選ぶのは、例えば、「男性に似合うスーツ」や「〇歳の女性に適したバッグ」という条件だけで選ぶことと同じで、適切な選択はできません。

 漢方薬は、いわばオーダーメイドの薬です。関節リウマチという病気のある、あなた自身の体質や症状を細かく捉えて、多くの漢方薬の中から最も効果がありそうなものを選ぶことが大切です。

 ちなみに、私が編集した「黙堂柴田良治処方集」には42処方以上が関節リウマチに使われますし、古典にはさらに多くの漢方処方が載っています。それらを参考にして、実際に使う漢方薬を選ぶと効果が出やすいのです。

 一般的に入手しやすい漢方薬だけでも、桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)、桂枝芍薬知母湯(けいししゃくやくちもとう)、五積散(ごしゃくさん)、疎経活血湯(そけいかっけつとう)、大防風湯(だいぼうふうとう)、独活寄生湯(どっかつきせいとう)、薏苡仁湯(よくいにんとう)などがあります。

 できれば専門家に詳しくご相談ください。

(北山進三)
posted by なつめ at 18:45| リビング新聞−漢方Q&A−