2017年12月19日

屠蘇酒で新年を迎えませんか?

今年も残りわずかとなりました。

山陽新聞 LaLa Okayama さんが、お正月特集をされているのですが、その中のテーマの1つ「お屠蘇」について取材をしていただきました。

お正月にお屠蘇を飲む習慣は、江戸時代に民衆の間でも広まったとされています。

「一人これを飲めば一家に病なく、一家これを飲めばその里に病なし」と言われ、日本の伝統行事の1つとして続けられています。

「お屠蘇ってなに?」という方も、今年は屠蘇散を漬け込んで、ご家族と一緒に健康を願いながら新年を迎えてみてはいかがでしょうか?

LaLa Okayama さんの記事はこちら→★★★

繧サ繝ャ繧ッ繝・2V0A9141.jpg

posted by なつめ at 11:36| 寿元堂薬局

2017年12月16日

くすりの神様・神農さん

以前、濱口さんにいただいたお湯呑みにも描かれていた神農さん。

中国の伝説上の人物ですが、大阪の薬問屋の町として知られている道修町(どしょうまち)では「神農さん」として親しまれています。

そんな神農さんについて、今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(29/12/16号)

IMG_2689.JPG

漢方は日本の伝統医学です。

5世紀ごろから日本に伝わってきた中国の伝統医学が、日本人の体質や気候風土に適するように日本独自に変革した医学が漢方です。

そのため、現代の中国の医学である中医学は、漢方とは別の考え方の医学です。

しかし、漢方薬(漢方医学の薬)と中薬(中医学の薬)の原料である生薬(しょうやく)には、両医学で同じものを用いることが多くあります。

そんな生薬について書かれた最古の書物とされるのが「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」です。

365種類の生薬について効能が示されており、それらは、生命を養う上品(じょうほん)、体力を養う中品(ちゅうほん)、治療薬である下品(げほん)に分類されています。

また、書名にもある神農は、古代中国の伝説の皇帝であり、人身で牛の首を持っていたといわれています。

「1日に100草をなめて70もの毒を知った」とされている神農は、薬草をなめている姿が有名ですが、神農の腹部は透明で、毒を食べれば内臓が黒くなったため毒の有無を判別できたという話もあります。

自らの経験で薬草の毒の有無や効能を確かめ、人々に伝えたとされることから、神農は医薬と農耕の祖とあがめられ、広くまつられてきました。

日本でもくすりの神様として現在もなお親しまれている神農さん。

寿元堂薬局でも、その実践主義の研究を敬い、薬局のシンボルとしています。

(北山 恵理)

posted by なつめ at 15:00| リビング新聞−よもやま話−

2017年12月07日

【ワークショップ】オリジナルのお屠蘇をつくって、新年を迎えませんか?

年末が近づくにつれ、薬局などで売られるお屠蘇。

c80608559446f413ba0993e2d548d916_s.jpg

お正月に飲むお酒のことをお屠蘇と思っている人も少なくありませんが、お屠蘇は普通のお酒ではありません。

お正月にお屠蘇を飲む習慣は、江戸時代に民衆の間でも広まり、「一人これを飲めば一家に病なく、一家これを飲めばその里に病なし」と言われ、日本の伝統行事の1つとして続けられています。

お屠蘇ってなに?
お屠蘇にはどんな意味があるの?
お屠蘇って誰が考えたの?

など、お屠蘇について、生薬と触れあいながら学びましょう。

お屠蘇について学んだあとは、オリジナルの屠蘇散(お屠蘇のもと)をつくっていただきます。

IMG_2933B.jpg

オリジナルのお屠蘇散を漬けこんでつくった屠蘇酒で、新年を迎えてはいかがでしょうか?

繧サ繝ャ繧ッ繝・2V0A9141.jpg

※ご自身で作ったお屠蘇のもとはお持ち帰りいただけます。
※お車でない方には、屠蘇酒の試飲もしていただけます。

日時:12/17(日)17時〜
場所:株式会社 マユ(700-0945 岡山県岡山市南区新保663-2)
料金:1500円

参加を希望される方は、マユさんまでご連絡ください。

電話:086-250-6731
メール http://mayugift.com/contact

posted by なつめ at 11:30| 寿元堂薬局