2017年08月04日

腎臓結石の溶ける漢方薬がありますか?

今日、明日と“おかやま桃太郎まつり 2017年”で岡山市内が賑わいます(*^_^*)

夜も花火大会で多くの人が楽しむのでしょうね。

全国的に有名な花火大会のような豪華さはないかもしれませんが、旭川から目の前で打ち上げられる花火は迫力がありとっても綺麗でしたよ〜(*´艸`)

後楽園から見るとより風情を感じることができるかもしれません。

さて、今月のリビング新聞の漢方Q&A(29/8/5号)の更新です。

はかせA.jpg

Q.腎臓結石の溶ける漢方薬がありますか?

以前腎臓結石を破砕したのですが、また径が10o以上ある結石ができ、ある人から結石を溶かす漢方薬があると聞きました。本当に効くのでしょうか。(60歳、男性)

A.排石はあっても溶かす≠ヘ過大表現

 腎臓の中でできる結石を腎臓結石といいます。腎臓からの尿の通り道の尿管や、膀胱(ぼうこう)、尿道などに移動したものを尿管結石、膀胱結石、尿道結石などといい、それら全てを尿路結石といいます。

 痛みがないままの状態だとよいのですが、結石が移動するなど何らかの理由で痛みの発作が出ることがあります。疝痛(せんつう)という激しい腹痛に襲われることがありますが、軽い違和感程度の場合もあります。

 以前は尿路結石で漢方相談に来られる人が多かったものです。しかし、衝撃波治療や内視鏡手術など、西洋医学の治療法が発達し、手軽に処理することができるようになった今では、相談に来られる人も減りました。

 しかし、尿路結石に漢方が効果的なケースは少なくありません。

 寿元堂薬局の経験では、7、8oくらいまでの大きさなら、適切な漢方薬を飲むことで排石される可能性は十分にあると思います。

 漢方薬の使い方は難しく、漢方本来の効果を求めるならば専門的な知識が必要です。しかし、古くから民間で手軽に使われてきた薬草にも、ある程度の効果が期待できることがあります。

 その中で最も有名な薬草がウラジロガシです。ウラジロガシは、山野に生えるブナ科コナラ属の常緑高木で、葉を乾燥したものを煎じて飲みます。そのエキスには利尿作用があり、動物実験では、膀胱内の結石が大きくなるのを抑制する作用や結石を溶かす作用が認められています。

 しかし、動物実験で認められる作用が人間にあてはまることばかりではありません。また、作用があることと実際に効果が期待できることとは異なります。

 分かりやすく例えると、全ての人間には物を動かす力がありますが、小さな子どもの力は弱く、大人にはかないません。子どもの力では及ばず、大人の強い力でないと動かせない重い物はたくさんあります。このように、作用があるということが必ずしも実際の効果につながるわけではなく、強い作用があるものだけに薬としての効果が期待できるのです。

 ウラジロガシでは小さな結石を排石することができるかもしれませんが、漢方薬ほどの効果はありません。

 尿路結石は西洋医学で処理するか漢方薬で排石し、その後でウラジロガシをお茶のようにして続けて飲むと結石の予防になるでしょう。

 ご質問の方が聞かれたのはウラジロガシのエキスが配合された医薬品のことかもしれません。

 ともあれ尿路結石を溶かす≠ニいう効果は過大な表現だと思います。

(北山進三)
posted by なつめ at 21:02| リビング新聞−漢方Q&A−

2017年08月03日

山茱萸をいただいていたので・・・

遡ること10ヶ月前、またまたHさんに珍しいものをいただいておりました!!(人´∀`)

以前に漢方の勉強会で大阪に行き、お忙しいHさんに無理を言ってお会いした時にHさんから名出しOKのお許しが出たので改めて紹介させていただきます。

今までHさんと紹介していたのは、漢方史家の濱口昭宏さんのこと。

100歳くらい生きてるんじゃないかな?というくらい(失礼・・・(笑))大変大変博識で、私もいつも色々なことを教えていただいています。

薬草が自生しているところに濱口さんあり!と言いたくなるような行動力をお持ちで、全国各地の色々なところに薬草の採集・観察をされておられる方です。

私と同世代とは思えないような(再び失礼(笑))文章力をお持ちでブログもされています→蒼流庵随想

そんな濱口さんに昨年いただいた山茱萸です!

見てください!!

この大量の山茱萸ヾ(。 ̄□ ̄)ツ 

IMG_7586.JPG

つやつやしてグミみたいで可愛い子たちです♡

昨年の7月にいただいた山茱萸のお酒が大変美味で、「私もつくりたーい!!」と散々わめき散らしたものの山茱萸がどこに自生しているのかわからず・・・

濱口さんの山茱萸採取の旅にお伴しようと思うも都合がつけれず・・・

山茱萸を自分で収穫して漬ける!というのが醍醐味だと思っていたのですが、売られているものか生薬の乾燥したもので試そうか諦めモードになっていたところに濱口さんが山茱萸を送ってきてくださいましたー!!

なんと優しい・・・!!。:゚(。ノω\。)゚・。

送ってくださった山茱萸はなんと2Kg以上っっ!!ヾ(。 ̄□ ̄)ツ

収穫に4時間もかかったそうです・・・本当にありがとうございます。:゚(。ノω\。)゚・。

早速ホワイトリカーと氷砂糖と一緒に漬けこみ美味しくなーれ♪とお祈りをしておりました(●´∀`)ノ

IMG_7584.JPG

漬け込んだホワイトリカーはなんと一升瓶5本分・・・(笑)

それをついについに先日飲むことに!!

どれだけ待ち望んだことか!!

9ヶ月漬け込みました!!

小洒落たビンに分けてこんな感じに。

IMG_9326.JPG

山茱萸の実は漬け始めて1ヶ月ほどで取り除いたのでなくなっていますが、良い色をしています(*^-^)

友人と飲んでみましたが、甘酸っぱくて美味しい!!

ホワイトリカーや氷砂糖の割合を変えて試してみましたが、山茱萸の実を多めに濃く漬けているものの方が私好みでした♡

濱口さんによると、もっと色も味も変化していくので、その過程も楽しめるそうです♪

しかし変化がわかるほどちびちびと飲みながらお酒が足りるのかどうかが心配です・・・(。´-д-)

まだホワイトリカーのとげとげした感じがとれていなかったので、日本酒なんかに漬けるとまろやか〜になるのかなぁと思いながら夏の暑さに負けぬようちびちびと飲んでいます。

皆さんも機会があればご自身で漬け込んでみてはいかかでしょうか?(*^-^)

posted by なつめ at 16:14| 日記

2017年07月29日

悩ましい便秘に穏やかに効く!

「蓼(たで)食う虫も好き好き」で有名なタデ科の植物も生薬の1つです♪

蓼の名前の由来は、蓼が舌をただれさせるほど辛い→タダレ→タデ からきているそうですo(*'o'*)o

今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(29/7/29号)

d55aaadf995059e3763444a68c1e4820_s.jpg

便秘で下剤を使っている人は少なくないでしょう。

漢方薬にも潤腸湯(じゅんちょうとう)や麻子仁丸料(ましにんがんりょう)など便秘に使用されるものが幾つもあり、それらの漢方薬の中には、大黄(だいおう)という瀉下(しゃげ)作用を持つ生薬(しょうやく)が含まれるものがあります。

大黄はタデ科の多年草、ダイオウ類の根茎を使用し、大腸壁を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にすることで排便を促します。効果の強さから将軍≠フ別名を持ち、中国最古の薬草書「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」やインド、欧州の古書にも記載され、下剤として古くから使われていたようです。

多くの場合、大黄は数種類の生薬と配合されます。

潤腸湯は9種類、麻子仁丸料は5種類の生薬が大黄以外に配合され、大黄単独での使用に比べて穏やかな効き方をします。

下剤は癖になりやすいので、繰り返し使用するにはこの穏やかな効き方が喜ばれます。

一時の便秘なら漢方薬を含めた一般的な下剤で対処できるでしょう。

しかし、慢性化した場合、一時しのぎの下剤ではなく、怠け者の腸を元気にしていく漢方薬が重宝されますが、働き者の腸に戻り、下剤が不要になるまでにはどうしても時間がかかってしまいます。

「下剤の成分が含まれているので癖になるから」とかたくなに拒む人がいます。

下剤が必需品になっている人は、一度専門家に相談してはいかがでしょう。

(北山 良和)
posted by なつめ at 16:00| リビング新聞−よもやま話−