2017年09月30日

生薬にもなる秋の七草

今年の中秋の名月は10月4日です。

お月見のお供え物といえばススキのイメージがありますが、昔はススキを含む秋の七草を飾っていたそうです(*^_^*)

皆さんは秋の七草言えますか?

今回は秋の七草をテーマに、リビング新聞の漢方よもやま話の更新です(29/9/30号)

207862.jpg

春の七草は、1月7日に七草粥を食べる風習としてよく知られていますが、秋にも七草があることは意外と知られていないようです。

秋の七草は万葉集に収められている山上憶良(やまのうえのおくら)の2首で1組となる歌が始まりです。

「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」

「萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花また藤袴 朝貌の花」

最初の歌で「秋の野に咲いている花を指折り数えてみれば7種類の花がある」と歌い、次の歌で「萩の花、尾花、葛(くず)の花、撫子(なでしこ)の花、女郎花(おみなえし)、また藤袴(ふじばかま)、朝貌(あさがお)の花である」と歌っています。尾花はススキ、朝貌は桔梗(ききょう)が定説です。

春の七草は無病息災を祈願するものですが、秋の七草はその美しさを観賞して楽しむものです。

七草のうち萩と尾花以外の5種類は生薬(しょうやく)として利用されることがあります。

葛は根を使用し、生薬名を葛根(かっこん)といいます。

撫子は地上部の全草を使用する瞿麦(くばく)、女郎花は全草を使用する敗醤(はいしょう)・根だけを使用する敗醤根、藤袴は全草を使用する蘭草(らんそう)、桔梗は根を使用して生薬名も桔梗です。

意外と身近に生薬で使用される植物が関係していることがあります。

少し意識してみるのも面白いかもしれません。

(北山 良和)
posted by なつめ at 13:48| リビング新聞−よもやま話−

2017年09月23日

物忘れ≠ノ効く「遠志」とは? !

1度覚えたら忘れない頭が欲しいと昔から願っていましたが、一向に叶う様子はありません。試験の時にはドラえもんに出てくる「暗記パンがあれば・・・」とずっと思っていました。しかし、あれって短期間しか記憶がもたないんですよね。

先週末は台風が珍しく岡山を直撃してました。

上手いことそれてくれて、「さすが晴れの国おかやま!」と言いたかったのですが残念です(;ω;)

さて、今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(29/9/23号)

753041.jpg

医薬品として、物忘れに対する効能を取得した「遠志(おんじ)」という生薬(しょうやく)が、最近注目を浴びています。

遠志は、ヒメハギ科のイトヒメハギの根を薬用部位として用います。

精神を安定させる作用に加え、強力ではないものの去痰(きょたん)作用もあるとされています。 

漢方薬は数種類の生薬から構成されるため、遠志を単独で用いることはありませんが、物忘れの症状に用いる漢方薬の中に、遠志を含むものがあるので紹介します。

代表的なものでは「帰脾湯(きひとう)」という薬があり、宋の時代の医学書『厳氏済生方(げんしさいせいほう)』に載っています。

しかし、当初の帰脾湯には、遠志が含まれておらず10種類の生薬で構成されていました。

遠志は明の時代以降に、当帰とともに加えられたのです。

それが現在の帰脾湯の基になっており、遠志、竜眼肉(りゅうがんにく)、酸棗仁(さんそうにん)など精神に作用する生薬をはじめ、実に12 種類もの生薬から構成されています。

虚弱体質で貧血傾向にあり、不安、健忘、不眠などの症状がある人に適することが多い薬で、月経不順、子宮出血などにも用いることもある応用範囲が広い薬です。

物忘れに対する漢方薬は帰脾湯だけではなく、その中に遠志を含まない漢方薬も多数あります。

漢方薬を試す際には、遠志の効能にこだわりすぎず、専門家に相談するのがよいでしょう。

(北山 恵理)

posted by なつめ at 16:07| リビング新聞−よもやま話−

2017年09月14日

師匠と漢方勉強会へ。

先週の日曜日は大阪の勉強会に師匠と参加してきました!

私は午前中友人の結婚式があったので、少し遅れての参加でした。

今回も、あーだこーだと漢方について語り合い・・・Y先生と師匠の掛け合いも面白く・・・

こちらは勉強会の1コマです。

大阪2.jpg

師匠が黒板に書いているのは理論が大切だということではありません。

「傷寒論や万病回春、古今方彙など色々な古典の処方や主治を学び、お客様から教えていただいた臨床の経験を踏まえて自分なりの漢方薬の使い方を学んでいけばよい」

「漢方の世界では理論は経験から創られたものなので、理論は大切だけども応用は難しい。実際に目の前で起こっているものを注視しないで、理論ばかりに振り回されてはいけない」

ということを説明している場面です。

師匠が黒板に書いた、漢方を学ぶ上でのバイブルとされている『傷寒論(しょうかんろん)』。

そこには113処方の漢方薬が載っています。

113処方という数を聞いて「多いな」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、『傷寒論』の「傷寒」とは風邪の症状や発熱を伴う感染症などの急性熱性疾患のこと。

現在では風邪や感染症などの急性疾患には西洋医学で対応することが多く、『傷寒論』に載っている113処方の出番が多いわけではありません。

また、現在保険適用されているエキス製剤(錠剤や顆粒剤)は148処方あり、そのうち30処方程度がこの『傷寒論』に載っている漢方薬です。

現在でも風邪(傷寒)によく用いられる葛根湯や麻黄湯、麻黄附子細辛湯などは病院でもらったことのある方も多いのでは?

ですが、私たち漢方家が『傷寒論』だけを読み込んだところで保険適用されている1/5程度の処方にしかなじめませんし、その30処方も使用頻度が高いものばかりではありません。

師匠は常々「色々な古典に慣れろ」と言っています。

漢方を学ぶ上で、古典から得られることがすごく多いのです。

そして、勉強会後の親睦会に参加されていた先生方の中に、師匠がうなるほどの知識と経験をお持ちの先生がおられました。

折衷派の師匠と、古方派のその先生とで話は盛り上がり、親睦会の間に何度も握手を交わしていました(*^_^*)

流派は異なれど臨床で活躍されている先生とは通じることが多く、「あの先生は素晴らしい先生だ!!」と師匠は岡山に帰ってきても興奮さめやらぬ様子。

親睦会から5日も経つのにまだ感激が残っているようで・・・(笑)

私はというと、大阪の勉強会に行くたびに刺激をもらっています。

近くとも遠くとも、同じ方向を向いて頑張っている仲間がいるということは素晴らしいことですね。

posted by なつめ at 10:52| 日記