2017年07月27日

漢方薬と、漢方薬と誤解されやすいもの

今も昔も薬局に来られる方で、漢方薬でないものを漢方薬と誤解している人は多いものです。

今日は漢方薬だと誤解されやすいものについて簡単に紹介していきます!

まず、おさらいから。

漢方薬の剤型でお伝えしたように、漢方薬とは何種類かの生薬を組み合わせたものでした。

「生薬=薬草=漢方」のような連想によって様々な誤解が生まれるのは避けられないことかもしれません。

また、それぞれどこでボーダーをひくかが難しいという問題点もあります。

ですが、めげずに簡単にまとめてみたので皆さん頑張ってついてきてください(笑)

博士A.jpg

【日本の民間薬】

これが1番漢方薬と誤解されやすいものですね。

今は皆、当たり前のように不調があれば病院にかかっていますが、昔は「医者にかかる」ということ自体が一般的でない時代が長く続きました。

では、医者にかかれない人たちはどうしていたのか?

民間で経験され、伝承によって行われてきた治療法で対処していました。

1種類から数種類の薬草を症状に合わせて用いますが、漢方薬のようにそれぞれの体質を考慮するということはありません。

風邪を例に出すと、漢方薬では比較的体力があり、風邪のひき始めに悪寒、頭痛、首筋や肩のこわばりなどがあれば葛根湯(かっこんとう)。比較的体力が弱く、胸がつかえるような感じがして微熱が続くような場合は小柴胡湯(しょうさいことう)。体力の衰えている人で冷えを強く感じる時には麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)。

などといったように漢方薬はその人の状態や症状に合わせて選ぶ薬が変わってきます。

一方で、民間薬では体質は考えずに病名や症状をもとに薬草を選びます。

「いぼとりにヨクイニン」「風邪といったら卵酒」という感じです。

「漢方薬飲んでた」と言う方に何を飲んでいたのかお伺いすると、「どくだみ」「ヨクイニン」「杜仲(とちゅう)の葉」などといった答えがよくかえってきますが、それらは民間薬草や生薬の1つであって単体では漢方薬とは言いません。

薬草を飲んだからと言って、漢方薬を飲んだような効果を期待してはいけませんし、漢方薬は効かないと思わないようにしてください。

とは言え、民間薬草の中でも割と効果を実感できるものもあります。

難しいですよね〜(^_^;)

【外国の薬草】

日本の民間薬と同じように、病名や症状に合わせて用います。

ハーブなどは私たちの身近なものですよね。

少し話が脱線しますが、漢方の原料である生薬とハーブでは同じ物が使われていることもあるんです(*^_^*)

甘草(かんぞう)はではリコリス、丁字(ちょうじ)はクローブといった具合に、同じものでも呼び名が異なりハーブの呼び名だと途端にオシャレなイメージになるのが悔しいですが・・・(笑)

ハーブティーでお馴染みのカモミールなんかは日本でも「かみつれ」といって民間療法で使われていたんですよ〜。

【中国の製品】

漢字で名前が書いてある時点で漢方薬だと思われることもしばしば・・・。

漢方にも流派があるのをご存知ですか?でお伝えしたように、中国医学の薬のことは中薬(ちゅうやく)と言って基本的には漢方薬とは異なるものです。

健康食品やお茶も中国のものというだけで漢方薬だと思っている人がとても多いです。

【健康食品やサプリメント】

健康食品やサプリメントに生薬のエキスが含まれていると漢方薬と思う方も非常に多いです。

最近あった例として、漢方を扱っている薬局で購入した生薬のエキスも何も入っていないただの栄養補助食品のことを「漢方薬」だと思い込んでいる方もいらっしゃいました。

お客様が漢方薬を今まで試したことがある場合、参考までにどのようなものを飲んでいたのか、不都合なことはなかったかお伺いすることがあります。

そのお客様も「漢方を飲んでいる」と言われたので、商品を拝見すると漢方薬ではなかったのですね。

「漢方」の看板を掲げているからと言って、扱っている商品が全て漢方薬だとは限りません。

これに関しては、一般の方にとって漢方は馴染みのないものということをふまえてお客様に商品の説明をしていれば防げたのではないかと個人的には感じています。

しかし、購入するお客様がその薬局を選ばれたのも事実。

相性もあることですし、漢方薬局を選ぶ際には色々なところに足を運んで“漢方薬局のはしご”をしてみてもいいのではないでしょうか?


posted by なつめ at 11:24| 漢方

2017年07月24日

ワークショップ遊園地、無事に終了しました!

ご報告が遅くなってしまいましたが、7月22日(土)にイオンモール倉敷で、LaLaOkayamaさんが主催する「ワークショップ遊園地」に参加してきました♪

それぞれの専門家に教わりながら夏休みの自由研究を終わらせてしまえる素敵な企画でした。

IMG_9294.JPG

歯医者さん、木に詳しいモクモク博士さん、ファイナンシャルプランナーさんなどいる中、寿元堂薬局も薬剤師から「日本の伝統医学"漢方"を学ぼう!」をテーマに、ちびっ子達に生薬図鑑を作ってもらいました(*^_^*)

みんな真剣です!

IMG_9293.JPG

IMG_9296.JPG

IMG_9292.JPG

最年少のちびっ子さんは、なんと小学生1年生!

なんでもファイナルファンタジーに出てくるエリクサーをきっかけに「薬草」に興味をもったそうです。

か、可愛い・・・♡

最年長は小学校6年生。

学校の図書館でマンガの漢方の本を借りて読むほど、漢方に興味をもつ男の子。

そんな子達も生薬と触れあうのは初めてで、生薬を触ったり匂ったり、みんな興味津々でした。

良くも悪くもちびっ子たちの反応がよかったのは、今が旬のコイツです。

4579a10f5fedaabbab6926d3a1bc5035_m.jpg

まさかセミの抜け殻が生薬だと思っていないちびっ子たちが驚くのはもちろん、一緒に聞いていた親御さんたちももれなく驚かれていました(笑)

お勉強が終わった後は修了証をお渡しして終了です。

ちびっ子さんたち、お疲れ様でした〜♪

posted by なつめ at 00:00| 寿元堂薬局

2017年07月22日

枇杷は葉も果実も役に立つ!

今回のよもやま話は枇杷が登場します(*^_^*)

枇杷と言えば、小学校の給食で食べた枇杷の種を家に持って帰って植えてみると芽が出て、ぐんぐん伸びてあっという間に私の背丈を追い越していった想い出があります。

伸びすぎてお隣さんに迷惑がかかるので今は切ってしまいましたが、まさか給食の枇杷からとれた種から芽が出るとは思いませんでした(笑)

さて、今週もリビング新聞の漢方よもやま話の更新です(29/7/22号)

399618.jpg

7月に入り厳しい暑さが続いています。

うだるような暑さには気が滅入りますが、花火やお祭りなどの楽しみが多い季節でもあります。

花火やお祭りといえば夏の風物詩。

今では見かけなくなりましたが、「枇杷葉湯(びわようとう)売り」は江戸時代の夏の風物詩の一つでした。

枇杷葉湯といっても枇杷の葉をただ煎じたものではありません。

乾燥した枇杷の葉に甘草(かんぞう)、莪朮(がじゅつ)、呉茱萸(ごしゅゆ)などの生薬(しょうやく)を細かく切って混ぜ合わせて煎じたものです。

枇杷葉湯の処方は幾つかあるようですが、体の熱気を取り除く暑気払いや水あたりなどで起こる下痢止めなどに用いられ、庶民に親しまれていたようです。

京都の烏丸(からすま)には枇杷葉湯売りの本家があり、通行人に枇杷葉湯を無料で試飲させながら販売していたそうです。

夏の暑さに負けず、枇杷葉湯の入ったてんびん棒を肩に担いで街を歩くその姿に、ついつい手が伸びてしまう人々の姿が目に浮かびます。

枇杷の葉は民間療法でもあせもや湿疹に広く用いられてきたものの一つです。

果実も食用や薬用酒として用いられることもあり、楽しみ方もさまざまです。

枇杷の葉以外にも、漢方薬と民間療法のどちらにも使われてきたものは少なくありません。

しかし、使い方はそれぞれ異なりますから、まずは専門家に相談して上手に利用しましょう。

(北山 恵理)



posted by なつめ at 10:00| リビング新聞−よもやま話−